TitanFX

TitanFX(タイタンFX)の入金まとめ!おすすめは「bitwallet(ビットウォレット)」

2020年7月7日

TitanFX(タイタンFX)の入金まとめ!おすすめは「bitwallet(ビットウォレット)」

国内FX業者と同じレベルのスプレッドで人気のTitanFX(タイタンFX)。

入金方法も、完全日本語対応でカンタンに取引口座へ資金を入れられます。
とは言え、入金完了日数や手数料に注意です。

TitanFXへの入金手数料は「全て無料」
ただし、入金反映時間や一部例外的に別途手数料が発生します。

今回は、TitanFXの入金について分かりやすくまとめました。

海外FX業者トップ水準の低スプレッド

5分で完了!TitanFXの口座開設はこちら

【結論】TitanFX(タイタンFX)の入金は
bitwallet(ビットウォレット)がオススメ

TitanFXでオススメの入金方法だけ知りたい方へ。
先に結論を申し上げると「bitwallet(ビットウォレット)」の入金がオススメです。

なぜなら、反映スピード・出金時のコスト・入金時のコストが優れているから。

  • 入金はbitwalletが即時反映
  • TitanFXの入金手数料は無料
  • 出金は最短3日で銀行口座へ

入金から出金までbitwalletだけで管理するのがコスパ良いです。
出金時についても、TitanFXからアナタのbitwalletまでは出金手数料無料。

bitwalletのアカウントから、銀行への振込手数料は「一律824円」です。
ようするに、どの入金方法よりもトータルコストが安い。

例えば、銀行入金→出金なら目安3,000円は手数料が発生します。
つまり、bitwalletを使うと3分の1以下の手数料で済むので、相当安く抑えられます。

TitanFX(タイタンFX)の入金方法とは?

ここでは、実際の操作画面に沿って「TitanFXの入金方法」を解説します。

とは言え、全て日本語なのでガイド通りに操作すれば1分で手続き完了です。

TitanFX(タイタンFX)の入金方法とは?

TitanFXのキャビネット(会員ページ)にログインします。

左側のメニューから「入金」をクリック

左側のメニューから「入金」をクリックします。

入金先のTitanFX取引口座を選ぶ。

入金先のTitanFX取引口座を選ぶ。

TitanFXの入金で使う方法を選ぶ

TitanFXの入金で使う方法を選ぶ。
(国内から使えない入金方法は選択できない仕様です)

TitanFXの取引口座に入金する金額を選ぶ

TitanFXの取引口座に入金する金額を選ぶ。
左側のボタンから金額を選択or右側に数字を入力する。

各入金方法で必要な情報を入力する。 入力後「入金」をクリックすると完了

各入金方法で必要な情報を入力する。
入力後「入金」をクリックすると完了です。

TitanFXの入金方法別で必要な情報

TitanFXの入金方法別で、必要な情報をまとめました。

  • クレジットカードによる入金

カード所有者名→クレジットカードに記載されているフルネーム(半角ローマ字)
クレジットカード番号→クレジットカード表面の番号
有効期限→月/年 半角数字で「0」も入力
CVV→クレジットカード裏面の4桁or3桁の数字 記名欄に記載

  • bitwallet(ビットウォレット)

bitwalletのアドレス

  • 国内銀行送金

TitanFXを利用する本人名義の口座
送金先の口座は入金時にTitanFXから通知

  • STICPAY(スティックペイ)

STICPAYのアドレス

注意

いずれの入金方法も、TitanFXに登録する「本人名義」である必要があります。

TitanFX(タイタンFX)で使える入金方法一覧

入金方法 入金完了日数 初回の入金額 入金手数料
クレジットカード 即時反映 最低約2万円(200USD) 無料
国内銀行送金 最短2~3日 5万円以上で無料(※1)
海外銀行送金 最短2~3日 5万円以上で無料(※1)
bitwallet(ビットウォレット) 即時反映 無料(※2)
STICPAY(スティックペイ) 即時反映 無料(※2)
Skrill(スクリル) 即時反映 無料(※2)
NETELLER(ネッテラー) 即時反映 無料(※2)

※1 お使いの銀行によっては振込手数料・送金手数料が別途発生。
※2 残高の入金に手数料が発生

TitanFXで使える入金方法を一覧にまとめました。
入金方法別に、以下の内容が一目で分かります。

  • 入金完了日数
  • 初回の入金額(初回の入金のみ最低金額がある)
  • 入金手数料

注意点としては、TitanFXでは初回入金のみ「最低200ドル」は入金する必要がある事です。

日本円に換算すると、おおよそ2万円ほど。
入金時点でのドル円レートにて、200ドル相当が初回の最低入金額になります。

現在「Skrill(スクリル)」「NETELLER(ネッテラー)」利用停止

TitanFXでは現在、SkrillとNETELLERが日本から入金できなくなっています。
過去に入金した分の出金のみ利用できる状態です。

新しい規制基準を満たしておらず、利用停止となっています。
いずれも電子ウォレットのため、送金スピードや手数料が安い入金方法でした。

新しい送金体制で利用できるようになる情報もありますが、TitanFX公式では復活時期は未定です。

【入出金トラブル】TitanFX(タイタンFX)の
入金ルールを解説!

  • 本人以外による入金はNG
  • 初回入金前に本人確認が必須
  • 一部のクレジットカードは非対応

TitanFXの入金では3つのルールがあります。

入金ルールを守らないと、入金できない・最悪の場合は口座凍結の可能性もあるので解説します。

本人以外による入金はNG

TitanFXに限らず、ほとんどのFX業者では「本人以外による入金が禁止」です。
第三者名義の入金はできません。

例えば、銀行口座の登録が両親や、妻・夫の場合でもNG。
TItanFXの取引口座を持つ本人と同じ名義である必要があります。

初回入金前に本人確認が必須

TitanFXでは、口座開設時に本人確認がありません。
初回の入金で本人確認が必須となります。

以前は、出金時に本人確認でしたが2018年から、初回入金時に本人確認が求められるようになりました。

  • TitanFXの本人確認書類
  • 身分証明書→運転免許証・パスポート・他顔写真付きの公的証明書
  • 現住所証明書→電気・ガス・水道の公共料金の領収書など

上記の身分証明書、現住所証明書を各1点です。
郵送ではなく、スマホで画像を撮影し、TitanFXのキャビネット(会員ページ)から行います。

また、現住所証明書ですが、発行から3か月以内が条件です。

一部のクレジットカードは非対応

TitanFXの入金で使えるクレジットカードは以下3種類です。

  • AMEX(アメックス)
  • VISA(ビザ)
  • Mastarcard(マスターカード)

上記以外のクレジットカードでは入金できないので注意しましょう。
また、クレジットカードの契約上、FXの証拠金に使えない、海外への送金不可の場合もあります。

新しくクレジットカードを発行するのも1つの解決策です。
あるいは、「どうしてもクレジットカードで入金したい」といった場合は、bitwalletなどでクレジットカード入金→bitwalletからTitanFXへ入金する方法があります。

まとめ

今回は「TitanFX(タイタンFX)の入金まとめ!おすすめは「bitwallet(ビットウォレット)」」のテーマでした。

この記事をまとめると

  • TitanFXへの入金は「bitwallet(ビットウォレット)」がオススメ
  • TitanFXの入金には7通りの方法がある ※ただしSkrill・NETELLARは停止中
  • TitanFXは初回入金時に本人確認がある

TitanFXへの入金は、日本語でサイトが作られているので手順はカンタンです。
そして、後の手間やコスト面を考えるとbitwalletの入金が便利とお伝えしました。

海外FX業者は複数の口座を使い分けたりするので、他社との資金管理もしやすくオススメです。

海外FX業者トップ水準の低スプレッド

5分で完了!TitanFXの口座開設はこちら

 

TitanFXの口座開設方法はこちら

-TitanFX

© 2020 海外FXのハンドブック