kaigaifx-osusume-2020-title

FX歴7年、海外FX業者を使う現役トレーダーとしての経験を元に
実体験や口コミを元に「2020年で本当に使える海外FX業者」を5社に厳選しました。



「毎月1万円ぐらいしかトレード資金は用意できない・・・」
「低スプレッド探しに疲れた!結局一番狭いのはどこなの?」
「海外FXのレバレッジは魅力だけど、どこの口座がおすすめ?」

こんな悩みを解決して、サクッとトレードを始めましょう。





2020年、本当に使える海外FX業者ベスト5!
もう、訳の分からない海外FX業者を使わせません。




おすすめ海外FX業者ベスト5の共通条件

  • 国際的な金融ライセンスで認可されている
  • 実際のスプレッドから入出金まで調査済み
  • 海外FXハンドブック編集部員が使ってみたガチレビュー




【2020年決定版】
おすすめ海外FX業者ベスト5!

FX業者 総合評価 信頼性 安全性 レバレッジ スプレッド サポート 口座開設
FBS 公式サイトへ
XM 公式サイトへ
FXGT 公式サイトへ
Exness 公式サイトへ
iFOREX 公式サイトへ




おすすめ海外FX業者 第1位

FBS(エフビーエス)

FBS

FBSの運営元
FBS Markets Inc(2009年設立)
運営元の所在地
2118, Guava Street, Belize Belama Phase 1, Belize
金融ライセンス
IFSC(ベリーズ国際金融サービス委員会)
CySEC(キプロス証券取引委員会)
ASIC(オーストラリア証券投資委員会)
FSB(南アフリカ金融サービス委員会)
レバレッジ 取引方式 受賞歴
最大3000倍 NDD(STP/ECN) 第三者機関より10個以上認定
取引プラットフォーム ドル円のスプレッド スキャルピング・自動売買
MT4/MT5 平均2.2pips(0pips固定あり) 両方可能
FBS(スタンダード口座)の平均スプレッド
AUDJPY AUDUSD EURGBP EURUSD GBPJPY
2.2pips 2.0pips 1.5pips 1.2pips 2.2pips
USDJPY EURJPY CADJPY GBPAUD GBPUSD
1.3pips 1.4pips 2.2pips 1.2pips 1.8pips

メリット

  • 最大3000倍のレバレッジで取引できる
  • 取引ボーナスが豪華
  • 少額取引に最高なスタンダード口座
  • スプレッドが0pips固定のゼロスプレッド口座
  • bitwalletに対応で最安・最速の入出金
  • 複数の金融ライセンスを取得済み
  • コピートレードが使える

デメリット

  • 口座開設ボーナスのコスパが悪い
  • 日本では割と無名、日本語での情報が少ない
  • 口座タイプ選びを間違えると不利
  • ECN口座の手数料が高い
  • コピートレード提供者は日本人が少ない




FBSは2016年から日本語に対応した大手FX業者

2016年、FBSは日本語対応を開始しました。

FBS自体は2009年に設立されており、全世界1700万人のトレーダーが利用する大手FX業者です。

日本では定番のXM(エックスエム)が150万人ですから規模の大きさが分かります。
また、運営の実体が見える安心感もポイントです

※日本語字幕も表示できます。(YouTubeの設定)

最近だと、YouTubeでマーケット情報の発信に力を入れています。
日本語の翻訳字幕もあり、FX初心者の方は「環境認識」の参考に使ってみると良いでしょう。

ちなみに、FBSのアカウントを持っていれば毎週マーケットレポートが届きます。
こちらは完全日本語対応です。

FBS会員限定のマーケットレポート

  • メジャー通貨ペア・銘柄の分析レポート
  • 最新のニュースレポート
  • 今週の注目経済指標

FBSのマーケットレポートは上記の内容で実用的。

FBSを利用する半数のユーザーが、FXで収入を得ている「プロトレーダー」といった情報があるのも納得です。


編集部のガチレビュー

FBSを使っているトレーダーは全体のレベルが高い印象です。ほぼ毎週トレードコンテストをFBSは開催しており、1週間で20倍の資金に増やすトレーダーが10位以内に君臨。私は、6倍ほどで自信も合ったのですが13000人中58位でした。




FBSは国際的な金融ライセンスを4つ取得済み

  • IFSC(ベリーズ国際金融サービス委員会)
  • CySEC(キプロス証券取引委員会)
  • ASIC(オーストラリア証券投資委員会)←new 2020年11月
  • FSB(南アフリカ金融サービス委員会)←new 2020年11月

信頼できる海外FX業者を選ぶには、まず「金融ライセンス」が重要です。

FBSは、2020年時点で4つの金融ライセンスを取得しています。
一般的に海外FX業者では1つの金融ライセンスだけでも信頼性は十分に評価できるレベルです。

FBSは4つの金融ライセンスで信頼性は相当高い、客観的に見ても評価◎。
特に、CySECの金融ライセンスは審査基準が厳しく、資金の管理なども徹底が義務付けられています。

編集部のガチレビュー

「金融ライセンスが多い=信頼性は高い」と言えるでしょう。同時に、海外FX業者では金融ライセンスを複数持っていると世界的な評価が高いと判断できます。○○ライセンスでは、この国で運営は不可といったケースもあるので、各国の規制合わせたライセンスの取得が必要です。FBSは、複数のライセンスで基準をクリアしており、経営体制のクリーンさが伺えます。




FBSは全トレーダーのニーズを満たす「口座タイプ」が◎

FBSが優れているのは「口座タイプの住み分け」でしょう。

トレードスタイルに合った口座タイプを選ぶだけで、劇的にトレード環境が有利に変わります。

例えば、こんな使い方がFBSでは可能です。

「トレード資金は毎月数万円ほど、少額で稼ぐのが目的」
→スタンダード口座で最大3000倍レバレッジを活用。

「スプレッドの狭い業者を使いたい!」
→ECN口座で低スプレッドを実現、ゼロスプレッド口座なら0pips固定もできます。

「忙しすぎて、トレードする時間がない」
→コピートレードで上手いトレーダーに運用を任せられる。

編集部のガチレビュー

個人的に、海外FX業者で求められるのは「レバレッジの高さ」だと思います。FXを始めた頃は、最初の資金が1万円を用意するのがやっとでした。私がFXを始めた7年前にFBSと出会っていれば、トレード資金に悩む時間も悩む必要もなかったのに。最大3000倍のスタンダード口座なら、割と1万円でも相場とスキル次第で利益を得るのは可能です。他社より余裕を持って、ドル円で0.1ロットとかポジション持てます。




FBS(エフビーエス)の口コミ評価

FBS(エフビーエス)に関するSNSの口コミはコチラをクリック!

FBS(エフビーエス)の口座開設ページへ





おすすめ海外FX業者 第2位

XM(エックスエム)

XM

XMの運営元
Trading Point of Financial Instruments Ltd(2009年設立)
運営元の所在地
12 Richard & Verengaria Street, Araouzos Castle Court, 3rd Floor, 3042 Limassol, Cyprus.
金融ライセンス
IFSC(ベリーズ国際金融サービス委員会)
CySEC(キプロス証券取引委員会)
ASIC(オーストラリア証券投資委員会)
FCA(英国金融行動監視機構)
レバレッジ 取引方式 受賞歴
最大888倍 NDD(STP/ECN) 第三者機関より10個以上認定
取引プラットフォーム ドル円のスプレッド スキャルピング・自動売買
MT4/MT5 平均1.6pips(全口座タイプ変動制) 両方可能
XM(スタンダード口座)の平均スプレッド
AUDJPY AUDUSD EURGBP EURUSD GBPJPY
3.1pips 1.9pips 2.1pips 1.8pips 3.8pips
USDJPY EURJPY CADJPY GBPAUD GBPUSD
1.6pips 2.3pips 3.1pips 5.6pips 2.6pips

メリット

  • FXの取引は最大レバレッジ888倍
  • 指数や先物でも最大レバレッジ200倍
  • 日本からの利用者が多く、情報が多い
  • 日本人スタッフが在籍している
  • FX初心者でも無料でプロから学べる

デメリット

  • 最大レバレッジ888倍は、さほど高くない
  • スプレッドが特化系の業者に負ける
  • 資金保証に上限がある
  • ゼロ口座の手数料が高い




海外FXと言えば「XM(エックスエム)がおすすめ」

「海外FXを始めるなら、どこで口座を作れば良い?」と聞かれれば、おそらくXM(エックスエム)と答えるでしょう。

なぜなら、日本で最も知名度のある海外FX業者がXMだからです。

例えば、海外FX業者のランキングで検索すると100%の確率でXMがベスト3入りするはず。

XMユーザーは多く、運営側のスタッフには日本人スタッフも在籍しています。
海外FX口座を持っていないなら、XMを使うのが無難でしょう。


編集部のガチレビュー

初めて作った海外FX口座はXMでした。私が海外FX口座を作った時と今も変わらず、ボーナスが魅力です。口座を作るだけで、3000円分のトレード資金(クレジットボーナス)が貰えます。海外FXで資金を溶かすのが怖いと言った方は、ボーナスで使ってみるのが良いでしょう。




意外と知らないXMの無料ウェビナーがおすすめ

XMの口座を持っていても、意外と知らない人が多い「無料のウェビナー」。

リモートなので自宅から参加できるセミナーがウェビナーです。

XMでは、個人投資家を講師を務める無料のウェビナーは実践的でFXの入門書を買うより勉強になります。
もちろん、講師は日本人の個人投資家であり、ウェビナーなので質問も投げやすいです。

スケジュールは事前に発表があり、予約制になります。
基礎編や、ちょっとコアな内容まで網羅。

特に質疑応答のみの回もあるので「講義内容に付いていけない・・・」といった心配ありません。


編集部のガチレビュー

XMの無料ウェビナーに参加してきました。結論から言うと「FXを始めた時に知っていれば良かった」です。やはり、FXの勉強で参考になるのは個人投資家・トレーダーの生の声だと思います。証券アナリストのセミナーでも良いですが、個人とは前提の環境が違うので。ライブ配信で講義は行われており、割と緩い雰囲気がリアルな感じで、セミナー=お堅い雰囲気みたいな事なないですね。




使っている人が多い安心感がXMにはある

海外FX業者の中でも、日本人トレーダーにとって一番馴染みがあるXM。
「みんなが使っている安心感」が正直、XMを選ぶ最大のメリットではないでしょうか?

何かトラブルや、疑問が合っても大半は誰かが解決策を教えてくれます。ネット状で検索すれば、9割の問題は即解決できます。

もちろん、XMが金融ライセンスも複数を取得済み。
客観的に見た信頼性も十分です。

FBSと同じくCySEC(キプロス証券取引委員会)に加え、最難関とも言われるFCA(英国金融行動監視機構)まで取得済み。


編集部のガチレビュー

先ほどお伝えした通り、私が初めて海外FX口座を作ったのはXMでした。最初の海外FXがXMで良かったと思います。残念ですが、全ての海外FX業者が安全といった事はありません。中には、悪質な出金拒否をする、注文が通されないといった海外FX業者があるのは事実です。私の場合は信頼できるXMを最初に使ったことで「海外FX=怪しい」といった偏見を持たずに、快適にトレードできています。海外FX口座を持っていないなら、とりあえずXMを作り、XMを基準に次の海外FX口座を探すのが良いかと。




XM(エックスエム)の口コミ評価

XM(エックスエム)に関するSNSの口コミはコチラをクリック!

XM(エックスエム)の口座開設ページへ





おすすめ海外FX業者 第3位

FXGT(エフエックスジーティー)

FXGT

FXGTの運営元
360 Degrees Markets Ltd(2019年設立)
運営元の所在地
Suite C, Oion Mall Palm Street Victoria 8421720-1, Mahe, Seychelles
金融ライセンス
FSA(セーシェル金融サービス庁)
レバレッジ 取引方式 受賞歴
最大500倍 NDD(STP) なし
取引プラットフォーム ドル円のスプレッド スキャルピング・自動売買
MT5 平均1.5pips 両方可能
FXGTの平均スプレッド
AUDJPY AUDUSD EURGBP EURUSD GBPJPY
3.0pips 2.0pips 1.7pips 1.5pips 4.0pips
USDJPY EURJPY CADJPY GBPAUD GBPUSD
1.6pips 2.0pips 2.9pips 4.5pips 2.2pips

メリット

  • 最大500倍のレバレッジが使える
  • 仮想通貨の取引に対応
  • 仮想通貨にも最大500倍のレバレッジ適応
  • ボーナスが豪華
  • 金融ライセンス認可
  • 仮想通貨・法定通貨で入出金に対応
  • 株式の取引に対応

デメリット

  • 金融ライセンスが1つなので、他社より少ない
  • 新しいFX業者、運営年数は1年
  • 海外FX業者としてはレバレッジが低い
  • 入出金の手順に慣れが必要




FXGTは仮想通貨に力を入れたハイブリットFX業者

FXGTは海外FX業者ながら仮想通貨に力が入っています。

何かと話題になる仮想通貨市場ですが、多くの海外FX業者が取り扱いを停止中です。

「今、仮想通貨をトレードしたい」しかし、取引所のアカウントがなく、アカウント作成→入金する頃にはブームが終了。
こんなシチュエーションもあるでしょう。

FXGTなら、普段はFXをしつつ、チャンス相場で仮想通貨も同じ口座で取引ができます。


編集部のガチレビュー

仮想通貨のレバレッジ取引は国内だと4倍まで。FXGTは仮想通貨に対して500倍のレバレッジが使えるのが魅力です。仮想通貨は平気で10万pipsとは動くので、海外FX業者のレバレッジと、ゼロカットでリスクを抑えた取引が必須だと個人的には思います。取引所と違い、注文が滑らないのも良いですね。




FXGTは新しいFX業者だが入金ボーナスが豪華

FXGTでは、口座開設ボーナスと初回入金ボーナス以外に「常時入金ボーナス」を行っています。

上限金額はなく、常に入金額に対して20%分がクレジットで貰えるのが常時入金ボーナスです。
ようするに、FXGTへ入金すると取引口座には1.2倍のトレード資金として反映されます。

運営実績が1年ほどの新しい海外FX業者ですが、ボーナスに関しては大手と張り合えるほど豪華です。

徐々に、サポート体制も改善されており、2020年では24時間365日のサポートセンターを設けました。
新規FX業者なので信頼感は少ないものの、今後の期待としては大きいです。


編集部のガチレビュー

ボーナスの良さは海外FXならではの魅力。ただし、一部のFX業者ではロスカットされるのボーナスも減る→次の利益から失ったボーナスへ自動補填される場合があります。ようするに、利益からボーナス分が差し引かれる意味不明な仕様です。FXGTでは、ロスカットされても次の利益はキチンと反映されていました。新規FX業者でボーナスが豪華なので心配でしたが、好印象です。




FXGTは自動売買ができる、しかし「MT4には非対応」

仮想通貨の自動売買はFXGTが登場するまで敷居の高いイメージでした。

なぜなら、仮想通貨は原則、取引所を利用して発注するのでプログラミングなどの知識が必須だからです。

FXGTは、MT5を使って取引するためMetaTraderの機能「エキスパートアドバイザー(EA)」が使えます。
MT5が使える=MT5用の自動売買が使えるので、初心者でも簡単に仮想通貨で自動売買の運用が可能です。

しかし、FXGTはMT4非対応。

MT4非対応はFXGTの惜しい所で、自動売買はMT5よりMT4の方が主流です。
もちろん、自動売買を使わないならストレスはありませんが、MT4の自動売買を使っているユーザーには不便でしょう。


編集部のガチレビュー

仮想通貨と言えば、大口投資家によるHFT(高頻度取引)が目立つ印象です。プログラムを用いて超高速で売買を繰り返すのがHFT。大手取引所ビットフライヤーだと、上位ランカーが数百億円分の取引が1週間で行われています。数百億とは言いませんが、個人でも数十万円で気軽に仮想通貨の自動売買がFXGTでは可能です。




FXGT(エフエックスジーティー)の口コミ評価

FXGT(エフエックスジーティー)に関するSNSの口コミはコチラをクリック!

FXGT(エフエックスジーティー)の口座開設ページへ





おすすめ海外FX業者 第4位

Exness(エクスネス)

Exness

Exnessの運営元
Nymstar Limited(2008年設立)
運営元の所在地
1 Siafi PortoBello、Office 1、3042、Limassol Exness
金融ライセンス
CySEC(キプロス証券取引委員会)
FSA(セーシェル金融サービス庁)
FCA(英国金融行動監視機構)
レバレッジ 取引方式 受賞歴
最大2000倍/無制限レバレッジ NDD(STP/ECN) 顧客満足度に関する受賞歴あり
取引プラットフォーム ドル円のスプレッド スキャルピング・自動売買
MT4/MT5 平均1.1pips(ECNは0.1pips) 両方可能
Exness(スタンダード口座)の平均スプレッド
AUDJPY AUDUSD EURGBP EURUSD GBPJPY
1.3pips 1.5pips 1.6pips 1.0pips 2.0pips
USDJPY EURJPY CADJPY GBPAUD GBPUSD
1.1pips 1.9pips 2.4pips 2.8pips 1.5pips

メリット

  • 無制限レバレッジが条件達成で利用できる
  • 取扱通貨ペアが127種類
  • 仮想通貨・株式の取引にも対応
  • 4種類の口座タイプから特化した使い方ができる
  • 平均スプレッド0pipsの口座がある
  • ロスカット水準が証拠金維持率0%
  • マージンコールがある

デメリット

  • 日本語の情報が少ない
  • 日本語のサポート体制に若干の課題有り
  • 初心者はレバレッジの取扱に注意が必要
  • ボーナスがない
  • 口座タイプによっては取引手数料が高い




Exnessは条件クリアで「無制限レバレッジ」が使える

Exnessを使う最大のメリットは「無制限レバレッジ」です。
とにかく高いレバレッジを求めて海外FXを使っている人は多いと思います。


無制限レバレッジの利用条件

①Exnessで合計5ロット以上の取引(注文→決済で1回カウント)
②Exnessで合計10往復以上の新規注文
③口座残高が999ドル未満(約10万円以下)


Exnessでは、利用条件を満たせば無制限レバレッジ(実質21億倍)が使えます。

想像してみてください。
過去の勝ちトレードで21億倍のレバレッジが使えたら、どんな結果が待っていたでしょうか?

編集部のガチレビュー

無制限レバレッジは、実際には21億倍と上限があるものの、規格外の数字に驚きました。もちろん、レバレッジは諸刃の剣。使い方を間違えれば、利益と同時に損失も大きくなります。私自身は、21億倍というスケールに抵抗があるので、通常のレバレッジで使ってみました。とは言え、「海外FXで成り上がる!リスクはある程度とる!」といった方にはExnessがおすすめでしょう。




Exnessは2020年から日本語サイトオープン、情報が少ない。

無制限レバレッジや、さりげなく海外FX業者で最多の通貨ペア数などExnessはポテンシャルが高いです。

しかし、問題なのは2020年から日本語サイトオープンなので「特に各情報量が少ない事」。
悪質な出金拒否などの情報はないものの、同時にExnessの○○が良いといった話も出回っていません。

金融ライセンスを複数持っており、海外の有名レビューサイトFPAでは大手XMより若干高得点で評価されていました。
客観的に見て、信頼できるFX業者ではあります。

とは言え、サイト内の日本語翻訳に違和感があるなど、実際にはモヤモヤ感が否めません。

編集部のガチレビュー

実際に使ってみた所、注文が通らないといったトラブルはありませんでした。ECN口座の取引手数料が高いので、プロ口座がおすすめです。まだ、日本語の情報が少ないので、少額資金で無制限レバレッジを活用といった使い方が無難でしょう。公式サイトの誤訳も目立つので、解説記事を読みつつ、口座を作るのがオススメ。日本からだと使えない口座タイプもあるので注意です。




Exness(エクスネス)の口コミ評価

Exness(エクスネス)に関するSNSの口コミはコチラをクリック!

https://twitter.com/yurun777/status/1331514104176021504

Exness(エクスネス)の口座開設ページへ





おすすめ海外FX業者 第5位

iFOREX(アイフォレックス)

iFOREX

iFOREXの運営元
Formula Investment House Ltd.1996年設立)
運営元の所在地
5 Nikis st., Syntagma Square,10557 Athens, Greece
金融ライセンス
MNB(ハンガリー銀行 為替管理制度)
BVIFSC(英国領バージン諸島の金融サービス委員会)
レバレッジ 取引方式 受賞歴
最大400倍 DD(ディーリングデスク) 情報なし
取引プラットフォーム ドル円のスプレッド スキャルピング・自動売買
FXnet(独自) 平均1.0pips 不可
iFOREXの平均スプレッド
AUDJPY AUDUSD EURGBP EURUSD GBPJPY
3.0pips 0.8pips 1.3pips 0.7pips 2.3pips
USDJPY EURJPY CADJPY GBPAUD GBPUSD
1.0pips 1.2pips 2.0pips 8.0pips 1.1pips

メリット

  • 最大400倍のレバレッジ&ゼロカット
  • ロスカット水準が証拠金維持率0%
  • 597種類のトレード対象
  • シンプルで使いやすい「FXnet」
  • 取引手数料無料で低スプレッド
  • 仮想通貨のレバレッジ取引が可能

デメリット

  • レバレッジ400倍は低い
  • MT4・MT5に非対応
  • スキャルピングには禁止ルールがある
  • 口座タイプ・追加口座は一本化
  • 出金手続きが面倒




iFOREXは言わずと知れた最古参の海外FX業者

iFOREXと日本人トレーダーの歴史は長く、ちょうど国内FX業者が追証やレバレッジ規制が起きた2010年より古いです。

1996年に設立されたiFOREXは、海外FX業者として定番と言われています。
海外FX業者は、規制の強化で日本から利用できなくなるケースも多く、長年使えている事実は信頼性の高さを評価できるでしょう。

編集部のガチレビュー

老舗としての信頼感がiFOREXにはあります。しかし、提供するサービス、レバレッジなどには古さを感じるのも事実です。例えば、最大400倍レバレッジ。2020年では、FBSの3000倍レバレッジを始め高い倍率を提供するFX業者が一般的になりました。すでに海外FX業者を利用しているなら、少し物足りなさを感じると思います。




iFOREXは国内FX→海外FXの乗り換えに最適

iFOREXは国内FX業者から、海外FX業者へ乗り換えに最適。

なぜなら、国内FX業者に近い使い勝手かつ、上位互換だからです。

例えば、取引プラットフォームは国内FX業者と似ています。
iFOREXは、国内FX業者と同じく独自のプラットフォームFXnetを採用しており、使い方も分かりやすいです。

また、取引方式もNDD方式になります。
ディーラーが顧客注文を管理する、国内FX業者に多い仕組みです。

編集部のガチレビュー

FXnetは初心者にとって、MT4/MT5より扱いやすいと思っています。私は国内FX業者を過去に使っていましたが、ブラウザ型の取引プラットフォームでiFOREXと同じ使い勝手です。ただし、MT4を愛用している私たち海外FXユーザーからすれば、インジケーターをカスタムできないなど物足りなさは感じます。




iFOREX(アイフォレックス)口コミ評価

iFOREX(アイフォレックス)に関するSNSの口コミはコチラをクリック!

iFOREX(アイフォレックス)の口座開設ページへ





海外FXのハンドブックは
「トレード知識」も学べる

ここまで「【2020年決定版】本当に使える!おすすめ海外FX業者ベスト5」のテーマでお届けしました。

最適な海外FX口座は見つけられましたか?

ちなみに、私は海外FX業者だけで9社ほど口座を作成しました。今はFBS(エフビーエス)をメイン口座で使っています。

おすすめの海外FX口座を探すのも大事ですが、もっと重要なのはトレードで稼ぐ事ですね。

海外FXのハンドブックでは、無料の学習コンテンツも用意しています。
使えるFX口座で、実践的なトレードをしましょう。

無料のFX学習 コンテンツ記事一覧

 

© 2021 海外FXのハンドブック