TitanFX

TitanFX(タイタンFX)のスプレッド一覧でまとめ。

TitanFX(タイタンFX)のスプレッド一覧でまとめ。

TitanFX(タイタンFX)と言えば「低スプレッド」。

海外FX業者では数少ない、国内FX業者と同じレベルの狭さを提供しています。

とは言え、具体的にスプレッドはどのぐらいなのか?

  • 口座タイプ→スタンダード・ブレード
  • 取引銘柄→通貨ペア別・CFD取引別

口座タイプや、通貨ペアなどTitanFXの平均スプレッドをまとめました。

海外FX業者トップ水準の低スプレッド

5分で完了!TitanFXの口座開設はこちら

【重要】TitanFXでスプレッド重視なら
「ブレード口座」

先に重要な結論をお伝えします。
TitanFXを使う理由が「スプレッド重視」なら、間違いなくブレード口座です。

ブレード口座とは、取引手数料が発生するかわりに、低スプレッドで取引できる口座タイプになります。(いわゆる「ECN口座」)

ブレード口座の取引手数料

1ロット=10万通貨当たり往復7ドル (日本円は注文時のドル円換算)

TitanFX(タイタンFX)ブレード口座の
スプレッド一覧【通貨ペア・CFD取引】

お伝えした通り、TitanFXでスプレッド重視のブレード口座。

スタンダード口座と取引銘柄は変わらず、取引手数料とスプレッドの違いがあります。
レバレッジに関しても、最大500倍のままです。

  • 通貨ペア別
  • CFD取引別
  • 3日間でランダムにスプレッドを記録

2020年7月時点で、上記の条件によってTitanFXブレード口座の平均スプレッド一覧を作成しました。

ちなみに、ブレード口座・スタンダード口座のスプレッドは最小値が設定されていません。

TitanFXブレード口座の平均スプレッド 「通貨ペア別」

  • ドル系の通貨ペア
通貨ペア名 平均スプレッド
USDCAD 0.5pips
USDCHF 0.4pips
USDCNH 15.4pips
USDCZK 117.3pips
USDJPY 0.3pips
USDMXN 6.1pips
USDNOK 20.5pips
USDPLN 14.8pips
USDRUB 467.0pips
USDSEK 12.9pips
USDSGD 1.6pips
USDTHB 77.7pips
USDTRY 37.2pips
USDZAR 70.5pips
  • 豪ドル系の通貨ペア
通貨ペア名 平均スプレッド
AUDCAD 1.4pips
AUDCHF 1.2pips
AUDJPY 0.8pips
AUDNZD 1.4pips
AUDSGD 3.0pips
AUDUSD 0.6pips
  • ユーロ系の通貨ペア
通貨ペア名 平均スプレッド
EURPLN 15.2pips
EURAUD 2.0pips
EURCAD 1.5pips
EURCHF 0.8pips
EURCZK 424.7pips
EURGBP 0.4pips
EURJPY 0.5pips
EURNOK 23.7pips
EURNZD 3.4pips
EURSEK 18.5pips
EURSGD 2.3pips
EURTRY 66.1pips
EURUSD 0.2pips
EURZAR 76.9pips
  • ポンド系の通貨ペア
通貨ペア名 平均スプレッド
GBPAUD 3.2pips
GBPCAD 2.5pips
GBPCHF 1.9pips
GBPJPY 1.2pips
GBPNOK 38.7pips
GBPNZD 4.1pips
GBPSEK 29.3pips
GBPSGD 4.0pips
GBPTRY 84.9pips
GBPUSD 0.7pips
  • その他の通貨ペア
通貨ペア名 平均スプレッド
CADCHF 1.0pips
CADJPY 1.1pips
CHFJPY 1.0pips
CHFSGD 6.6pips
NOKJPY 1.0pips
NOKSEK 5.0pips
NZDCAD 2.5pips
NZDCHF 1.7pips
NZDJPY 1.4pips
NZDUSD 0.9pips
SEKJPY 5.0pips
SGDJPY 1.3pips
ZARJPY 1.1pips

TitanFXブレード口座の平均スプレッド 「CFD取引別」

  • 貴金属のCFD取引
銘柄 平均スプレッド
XAGEUR 2.2pips
XAGUSD 1.9pips
XAUAUD 7.2pips
XAUUSD 4.0pips
XAUEUR 4.8pips
XPDUSD 141.9pips
XPTUSD 62.6pips
  • 原油のCFD取引
銘柄 平均スプレッド
XTIUSD 0.5pips
XBRUSD 0.7pips
  • 株価指数のCFD取引
銘柄 平均スプレッド
AUS200 3.0pips
US30 3.3pips
NAS100 2.0pips
US500 0.6pips
UK100 2.0pips
EURSTX50 2.0pips
GER30 2.7pips
FRA40 1.0pips
JPN225 8.0pips

TitanFX(タイタンFX)スタンダード口座の
スプレッド一覧【通貨ペア・CFD取引】

スタンダード口座は、海外FX業者の中では標準的なスプレッドです。
とは言え、低スプレッドのブレード口座と比較して「取引手数料が無料」のメリットがあります。

例えば、取引手数料が気になる少額資金で、10万円以下の証拠金ならスタンダード口座が良いケースも。

資金が増えれば、追加口座でブレード口座を作り、資金を移動させるといった方法もあります。

  • 通貨ペア別
  • CFD取引別
  • 3日間でランダムにスプレッドを記録

2020年7月時点で、上記の条件によってTitanFXスタンダード口座の平均スプレッド一覧を作成しました。

ブレード口座同様に、スプレッドの最小値がTitanFXでは設定されていません。
したがって、平均スプレッド以下・以上もあるので注意です。

TitanFXスタンダード口座の平均スプレッド 「通貨ペア別」

  • ドル系の通貨ペア
通貨ペア名 平均スプレッド
USDCAD 1.65pips
USDCHF 1.5pips
USDCNH 16.55pips
USDCZK 107pips
USDJPY 1.3pips
USDMXN 7.25pips
USDNOK 25.1pips
USDPLN 11.5pips
USDRUB 74.85pips
USDSEK 13.05pips
USDSGD 2.4pips
USDTHB 54.1pips
USDTRY 18.6pips
USDZAR 56.55pips
  • 豪ドル系の通貨ペア
通貨ペア名 平均スプレッド
AUDCAD 2.3pips
AUDCHF 2.25pips
AUDJPY 1.8pips
AUDNZD 2.2pips
AUDSGD 4.0pips
AUDUSD 1.5pips
  • ユーロ系の通貨ペア
通貨ペア名 平均スプレッド
EURAUD 2.85pips
EURCAD 2.2pips
EURCHF 1.7pips
EURCZK 397.5pips
EURGBP 1.4pips
EURJPY 1.45pips
EURNOK 28.35pips
EURNZD 4.0pips
EURPLN 10.65pips
EURSEK 18.05pips
EURSGD 5.1pips
EURTRY 23pips
EURUSD 1.2pips
EURZAR 224.5pips
  • ポンド系の通貨ペア
通貨ペア名 平均スプレッド
GBPAUD 3.4pips
GBPCAD 3.15pips
GBPCHF 2.75pips
GBPJPY 2.2pips
GBPNOK 36pips
GBPNZD 4.85pips
GBPSEK 26pips
GBPSGD 3.45pips
GBPTRY 31.5pips
GBPUSD 1.55pips
  • その他の通貨ペア
通貨ペア名 平均スプレッド
CADCHF 2.15pips
CADJPY 2.25pips
CHFJPY 1.95pips
CHFSGD 7.45pips
NOKJPY 2.0pips
NOKSEK 6.0pips
NZDCAD 3.35pips
NZDCHF 2.45pips
NZDJPY 2.35pips
NZDUSD 2.1pips
SEKJPY 6.0pips
SGDJPY 2.1pips
ZARJPY 2.0pips

TitanFXスタンダード口座の平均スプレッド 「CFD取引別」

  • 貴金属のCFD取引
銘柄 平均スプレッド
XAUAUD 5.3pips
XAUEUR 1.65pips
XAUUSD 1.4pips
XAGUSD 2.3pips
XAGEUR 1.9pips
XPDUSD 152pips
XPTUSD 51.85pips
  • 原油のCFD取引
銘柄 平均スプレッド
XBRUSD 0.8pips
XTIUSD 0.6pips
  • 株価指数のCFD取引
銘柄 平均スプレッド
AUS200 5.2pips
EUSTX50 3.2pips
FRA40 2.2pips
GER30 2.2pips
JPN225 13.2pips
NAS100 2.7pips
UK100 2.2pips
US30 4.45pips
US500 1.7pips

TitanFX(タイタンFX)のスプレッドは
口座タイプで結構変わる?

ここまで、TitanFXのスプレッドを一覧でお届けしました。

少し海外FXを使った経験があれば「ブレード口座の方が実質コスト高いんじゃないの?」と疑問があると思います。

なぜなら、取引手数料とスプレッドでコストを計算すると、割高な場合もあるからです。
とは言え、TitanFXのブレード口座はコスパが良い。

ドル円の実質コストを例に計算してみましょう。

  • スタンダード口座→平均スプレッド1.3pips×1ロット(10万通貨)
    =実質コスト1,300円
  • ブレード口座→平均スプレッド0.3pips×1ロット(10万通貨)+取引手数料約700円
    =実質コスト1,000円

同じ数量・同じ通貨ペアを取引するなら「ブレード口座の実質コストは安い」と言えます。

もちろん、スプレッドはポジションの利益で打ち消す事も可能です。
取引手数料は利益・損失問わず必ず発生します。

スタンダード口座・ブレード口座のどちらを選ぶのも自由ですが、実質コストではブレード口座が安いのは知っておきましょう。

まとめ

今回は「TitanFX(タイタンFX)のスプレッド一覧でまとめ。」のテーマでした。

一覧で見ると、やはりTitanFXのスプレッドは優秀です。
取引システムの高性能化や、プロ水準のスプレッドが強みと言われるのも納得。
スキャルピングや自動売買を中心とした、高頻度トレーダーには最高の環境だと思います。

海外FX業者トップ水準の低スプレッド

5分で完了!TitanFXの口座開設はこちら

 

TitanFXの口座開設方法はこちら

-TitanFX

© 2020 海外FXのハンドブック