FXの基礎知識

【超解説】FXで高ボラティリティ通貨ペアを知りたい!値幅で攻めるトレード

fx-volatility-currencypair-title

FXでは、価格の差が利益になります。
ボラティリティ(価格変動幅)の高い通貨ペアを取引することで、同じ時間・同じロット数でも短期間で効率よく稼げるかも知れません。

とは言え、単純にボラティリティの高さだけで通貨ペアを取引するのは危険です。
ボラティリティだけを基準に通貨ペアを選ぶと、割高スプレッド・スワップで不利になってしまいます。

本記事では「高ボラティリティ通貨ペア」をテーマに理想的な通貨ペアをまとめました。




高ボラティリティ通貨ペアはGBP(英ポンド)で狙う

高ボラティリティ通貨ペアと言えば、やはり「GBP(英ポンド)」です。

GBP/JPYやGBP/USDなど、対英ポンドの通貨ペアは他の通貨ペアと比べて、ボラティリティの高さが魅力になります。
しかし、実は「GBP/○○が最も高いボラティリティではない」ことも知っておきましょう。

通貨ペア 直近1ヵ月のボラティリティ
USD/RUB 38454pips
USD/CZK 10209pips
GBP/MXN 9563.4pips
EUR/TRY 8645.1pips
GBP/TRY 7708.6pips

上記の表は、国内外問わず取り扱いの一般的な通貨ペアから「直近1ヵ月のボラティリティ」を算出したものです。

  1. USD/RUB
  2. USD/CZK
  3. GBP/MXN
  4. EUR/TRY
  5. GBP/TRY

全61通貨ペアの比較対象から、上位5番目以内の高ボラティリティ通貨ペアをピックアップしました。

最もボラティリティが高かったのはUSD/RUB(米ドル/ロシアルーブル)です。
1ヵ月で3.8万pipsの変動を起こしています。

通貨ペアは、異なる通貨同士の相対取引によって構成されますから、価値の安定している通貨と不安定な通貨の組み合わせが高いボラティリティを記録しやすいです。

通貨ペア 直近1ヵ月のボラティリティ
GBP/CHF 467.9pips
GBP/AUD 524.4pips
GBP/CAD 634.1pips
GBP/NZD 641.2pips
GBP/JPY 435.3pips

GBPとの通貨ペアで、ボラティリティが高いのは上記5種類。

前述した米ドルとのマイナー通貨ペアより、落ち着いた印象を受けます。
とは言え、1ヵ月で4~6円も変動していますから、かなり大きな値幅です。




マイナー通貨ペアは取引しづらい

最もボラティリティの高い通貨ペアはUSD/RUBであり、上位5通貨ペアは全てマイナー通貨ペアでした。

しかし「ボラティリティを重視するなら、マイナー通貨ペアだな」と考えるのはオススメしません。

なぜなら、流動性の低い通貨ペアは急騰・急落のリスクが高く、どのFX業者でもスプレッド・スワップを高く設定しているからです。

FX業者 XM(エックスエム) AXIORY(アキシオリー) FBS(エフビーエス) iFOREX(アイフォレックス) TitanFX(タイタンFX) FXGT(エフエックスGT) Exness(エクスネス)
USD/RUB 1668.7pips 724.2pips 100.0pips 221.0pips 562.2pips 30.7pips 373.5pips
USD/CZK 取り扱い無し 11.5pips 取り扱い無し 25.0pips 162.0pips 31.1pips 4.8pips
GBP/MXN 取り扱い無し 126.7pips 取り扱い無し 取り扱い無し 取り扱い無し 取り扱い無し 1094.6pips
EUR/TRY 140.3pips 84pips 33.3pips 156.0pips 25.0pips 213.4pips 371.1pips
GBP/TRY 取り扱い無し 取り扱い無し 取り扱い無し 271.1pips 35.3pips 取り扱い無し 765.8pips

ボラティリティの高い通貨ペアほど、やはりスプレッドは広いです。

上記の表は、各FX業者の平均スプレッドを記載しています。
いくらボラティリティが大きいとは言え、極端に広いスプレッドは不便です。

例えば、デイトレード・スキャルピングをUSD/RUBで考えれば、30pipsを超えなければ利益が乗りません。
スイングトレードの発想もありますが、スワップポイントがネックです。




GBPとマイナー通貨のペアは取引しやすい

FX業者 XM(エックスエム) AXIORY(アキシオリー) FBS(エフビーエス) iFOREX(アイフォレックス) TitanFX(タイタンFX) FXGT(エフエックスGT) Exness(エクスネス)
GBP/CHF 4.9pips 2.4pips 4.1pips 3.0pips 2.8pips 3.8pips 2.7pips
GBP/AUD 5.6pips 2.7pips 3.4pips 8.0pips 3.5pips 4.5pips 2.8pips
GBP/CAD 5.9pips 2.6pips 3.9pips 4.5pips 2.7pips 5.0pips 3.5pips
GBP/NZD 7.0pips 3.5pips 7.1pips 11.0pips 3.8pips 6.8pips 6.6pips
GBP/JPY 3.8pips 1.7pips 5.2pips 2.3pips 2.2pips 4.0pips 2.0pips

対ポンドの通貨ペアで探すと、短期売買ができる範囲のスプレッドに抑えつつ、ボラティリティの高さも確保できます。

FX業者の選び方を間違えなければば、基本的には10pips未満の平均スプレッドで取引可能です。

  • 【GBP/CHF】AXIORY(アキシオリー) 平均スプレッド2.4pips
  • 【GBP/AUD】AXIORY(アキシオリー) 平均スプレッド2.7pips
  • 【GBP/CAD】AXIORY(アキシオリー) 平均スプレッド2.6pips
  • 【GBP/NZD】AXIORY(アキシオリー) 平均スプレッド3.5pips
  • 【GBP/JPY】AXIORY(アキシオリー) 平均スプレッド1.7pips

具体的に、GBP(英ポンド)との通貨ペアに強いのは海外FX業者AXIORY(アキシオリー)です。

AXIORYのデメリットとしては、最大400倍と海外FX他社と比べて倍率の低さが挙げられます。
しかし、GBP/JPYなどクロスポンドの通貨ペアではスプレッドが他社より圧倒的に狭いです。

有効レバレッジを抑えたとしても、値幅が確保しやすいため十分に短期売買ができるでしょう。
また、更に狭いスプレッドを求めるなら、取引手数料を支払い「ナノスプレッド口座」で取引するのも1つの手段です。

【徹底レビュー】AXIORYはどんなFX業者?9つの特徴で徹底解説




通貨ペアのボラティリティを把握するインジケーター

通貨ペアや銘柄によって、ボラティリティが異なります。
ボラティリティは、1日・1週間・1ヵ月とデータを公開しているサービスは多いです。

例えば、「通貨ペア ボラティリティ」と検索すれば、証券会社が計測したデータを現代は簡単に見つけられます。

とは言え、リアルタイムなボラティリティを把握するのも重要。
市場は常に変化し、注目市場が存在するからです。

したがって、過去データだけでなく、リアルタイムなボラティリティを知る方法も抑えておきましょう。


Candle Strength

引用:Forex indicator MT4

Candle Strengthは、ローソク足の始値と終値を基準にボラティリティを見やすくするインジケーターです。

複雑な計算式等はなく、シンプルにローソク足基準でボラティリティを視覚化しているのが特徴になります。

取引ツール「Metatraeder4(MT4)」なら、Forex indicator MT4より、無料でダウンロード可能です。


ボリンジャーバンド

ボラティリティを取り入れたテクニカルツールと言えば「ボリンジャーバンド」です。

ボリンジャーバンドは、基本的にどの取引プラットフォームにも標準で搭載されています。
1本の移動平均線と2本のバンドによって構成されるのがボリンジャーバンドです。

統計学をベースに、バンドの間にボラティリティが高確率でおさまる設計がされており、ボラティリティ予測ツールとしても役立ちます。

ボリンジャーバンドの基本的な使い方は以下の記事で分かりやすくまとめました。

【PC・スマホ】MT4でボリンジャーバンドを設定手順。基本シグナルを3つ解説




高ボラティリティ通貨ペア まとめ

今回は「【超解説】FXで高ボラティリティ通貨ペアを知りたい!値幅で攻めるトレード」のテーマでした。

この記事のポイントは以下の通りです。

  • USD/RUBなどマイナー通貨とメジャー通貨のペアが高ボラティリティ
  • スプレッドの広さからGBP軸の通貨ペアを取引するのが現実的
  • GBP系の通貨ペアはAXIORYのスプレッドが優秀
  • リアルタイムなボラティリティはインジケーターで視覚化

他の金融商品と比べて、FXにおけるボラティリティは超重要です。
FXで取引する通貨は、価値が基本的に一定に保たれるますから、株式や仮想通貨と違い、本質的には価値が上がるなどは重要ではありません。

ボラティリティの高い通貨ペアを上手く取引できれば、大きな値幅を利益に変え、効率よく資金を増やしていけるでしょう。

 

-FXの基礎知識

© 2021 海外FXのハンドブック