iFOREX

【疑問】iFOREXでMT4は使える?→取引ツールはコレです。

2020年8月29日

【疑問】iFOREXでMT4は使える?→取引ツールはコレです。

iFOREXでよくある質問「MT4は使えますか?」。
海外FX業者では、世界的な取引ツールMT4が使われています。

しかし、iFOREXを口座開設するとMT4の口座番号が知られません。

今回は「iFOREXでMT4が使える?」「取引ツールはどこにある?」こんな疑問を解決します。

iFOREXはMT4非対応→「FXnet」が公式ツール

結論から言うと「iFOREXはMT4非対応」です。
iFOREXの専用取引ツール「FXnet」を使って取引を全て行います。

自社のツールで取引するのは国内FX業者と同じです。
ブラウザ型の取引ツールで、インストール不要で使う事ができます。

実際に使った感想としては、国内FX業者の取引ツールと使い勝手は同じです。
iFOREXは初めての海外FX業者として人気ですが、国内→海外で違和感なく移行しやすいと思います。

iFOREXのFXnetはMT4と比較する

FXnetの特徴

  • ブラウザ型でインストール不要
  • 細かい設定をしなくて良い
  • チャート分析・取引はしやすい

FXnetの特徴をまとめると「手軽さ」です。
MT4の様に、インストールやら初期設定といった面倒な手順がありません。

とは言え、手軽さ云々より気になるのは快適にトレードできるか?これが重要です。

iFOREXのFXnetとMT4をトレーダー目線で比較してみました。
(筆者はFX歴5年で各取引ツールは一通り使い倒しています。)

もちろん、FXnetは十分快適にトレードできます。
私自身は、チャート表示と簡単なライン描写ができればOK

正直「慣れれば、どちらでも良い」と感じました。

FXnetは手軽、MT4は拡張性に劣る

FXnetは、やはりブラウザ型なので手軽です。
ただし、MT4には拡張性が劣ります。

なぜなら、MT4には「カスタムインジケーター」があるからです。

MT4は、そもそもフリーソフトなので自由にカスタマイズができます。
最も手軽な方法がカスタムインジケーターです。

無料の物から、有料までネット上でオリジナルのインジケーターを入手できます。

FXnetは自動売買がない、MT4にはEAがある

FXnetには自動売買の機能がありません。
MT4だと、EA(エキスパートアドバイザー)という自動売買用の機能があります。

とは言え、iFOREXは自動売買が禁止なので問題ないでしょう。

iFOREXの取引ルールには「自動売買・API取引が禁止」と決められています。
FXnet以外のツールを使った取引も禁止されているので注意です。

iFOREXのFXnetはどこから使う?

iFOREXのFXnetはどこから使う?

iFOREXにログインすると、こちらの画面が表示されます。
実は、ログインした時点でFXnetの画面です。

取引は、注文したい銘柄をクリックすると出来ます。

注文したい銘柄をクリック

銘柄をクリックすると、「注文」「商品情報」の閲覧が出来ます。
下のタブから「チャート」を選択すると、リアルタイムチャートの表示です。

ここまでは、iFOREXを使い始めた人でも分かると思います。
とは言え、チャート画面が小さくて使えません。

図の矢印部分をクリックすると、チャートを拡大できます。
チャート分析やライン描写は、チャートを拡大すると使いやすいです。

フルサイズのチャート

フルサイズのチャートなら、快適にチャート分析やポジションの確認が出来ます。
iFOREXの取引も、ここまで分かればMT4と比較して不便はないです。

まとめ

今回は「【疑問】iFOREXでMT4は使える?→取引ツールはコレです。」のテーマでした。

iFOREXではMT4は使えません。
自社のFXnetを使って取引をします。

これまでは、インストール型のMT4が主流だったFX。
近年では、ブラウザ型の取引ツールが人気を集めています。

実際には、機能面で劣るのは細かい拡張性や設定がないだけ。
十分にトレードができる、インストール不要なので出先でも同じ環境で取引できるのは魅力です。

 

iFOREXの口座開設方法はこちら

-iFOREX

© 2020 海外FXのハンドブック