XM プラットフォーム

【疑問】MT4「テキスト」と「テキスト・ラベル」何が違う?使える小技

MT4「テキスト」と「テキスト・ラベル」

MT4には「テキスト」「テキスト・ラベル」という描写ツールがあります。
どちらも、チャート画面に文字を好きな文字を書ける機能です。

しかし、実は仕様が異なっており、使い所もまったく変わってきます。

特にFX初心者には、ぜひ活用して頂きたい機能です。

例えば、熱心の手書きでトレード日誌を書いているといった方に役立ちます。
MT4のテキスト機能で、1時間で書いたトレード日誌は、1分で書けるといった感じです。

今なら3000円の取引ボーナスがもらえる

最短5分!XMの口座開設はこちら

MT4「テキスト」と「テキスト・ラベル」の違いとは?

テキストとテキスト・ラベルの違いは、スクロール追従の可否です。

  • テキスト→チャート上に書いた場所で固定される
  • テキスト・ラベル→書いた場所から、スクロールに追従する

チャート上の、同じ時間・同じ価格の場所にテキストは表示が固定されます。
テキスト・ラベルは、チャートの同じ位置にずっと表示される仕組みです。

MT4「テキスト」と「テキスト・ラベル」の違いとは?

例として同じ場所に「テキスト」「テキストラベル」を表示しました。

このまま、チャートを右側にスクロールしてみましょう。

チャートを右側にスクロール

2つとも同じ赤線に書かれていましたが、テキストだけが同じ場所に残りました。

テキスト・ラベルはスクロールに合わせて追従しています。

このような違いです。
とは言え、「それで、どんな時に使うの?」といった方も多いと思います。

FXで役立つ、2つの使い所をまとめました。

MT4の「テキスト」とは?使い所は?

テキストの特徴は、チャートの位置はそのままで書き込める事。

テキストを最も活用できるのは「トレード日誌」として書き込む場合です。
そもそも、トレード日誌が分からない方は以下の記事で解説しています。

▷FXトレード日誌の書き方を解説!習慣化して毎日書くコツ。

  • ノートに手書きで、細かくトレード戦略を書く
  • チャートを印刷して書き込む
  • ノートにマーカーして見やすくする

こんな面倒な事を毎日しているならナンセンス。
学生のノートじゃないですし、簡単にトレード日誌は書きましょう。

  • テキストの活用例

MT4の「テキスト」とは?使い所は?

活用例として、ざっくり書いてみました。

イメージとしては、トレードの根拠や注文した場所・決済予定などを書き込む使い方です。

実際のチャートと一緒に表示できるので、事細かに書く必要はありません。
単語だけでも、その時の自分の目線は完全に再現できます。

あとは、画像などで保存すれば、トレード日誌として保存も可能です。

MT4の「テキスト・ラベル」とは?使い所は?

テキスト・ラベルの特徴は、チャート上に常に同じ位置に表示される事。

FXで何かと必要なメモの代用として使うのがオススメです。
例えば、経済指標の多い日なら時間帯と指標名を常にチャートに表示する使い方があります。

▷【攻略】XMでは経済指標トレードできる!詳しいルールと取引のポイントを紹介。

急にレートが大きく動いて、「あっそういえば今日は○○統計の発表だった」といった経験があるなら今すぐ活用しましょう。

  • テキスト・ラベルの活用例

MT4の「テキスト・ラベル」とは?使い所は?

具体的な活用例としては、こんな感じです。

チャートの右上など邪魔にならない場所に、当日の経済指標を表示しておく活用法です。

テキスト・ラベルは自動的に表示している領域に追従するので、経済指標を見逃す事もありません。

まとめ

今回は「【疑問】MT4「テキスト」と「テキストラベル」何が違う?使える小技」のテーマでした。

この記事をまとめると

  • テキストはチャート上に固定される
  • テキスト・ラベルはスクロールに追従する
  • テキスト→トレード日誌/テキスト・ラベル→メモ

MT4・MT5は無料ながら、多機能さが魅力です。
トレードや、FXライフで不便な部分の大半は、機能を活用すると改善できます。

ぜひ、参考にして頂き快適なFXライフを送ってください。

今なら3000円の取引ボーナスがもらえる

最短5分!XMの口座開設はこちら

 

XMの口座開設方法はこちら

-XM プラットフォーム

© 2020 海外FXのハンドブック