iFOREX

【酷評あり】iFOREXを徹底レビュー!評判とメリット・デメリットをまとめ

【酷評あり】iFOREXを徹底レビュー!評判とメリット・デメリットをまとめ

20年以上も日本から利用できる海外FX業者「iFOREX(アイフォレックス)」

とにかく規制の厳しい海外FX事情。
日本から長年利用できる時点で信頼されている事は間違いありません。

とは言え、その間に新しい海外FX業者も誕生しました。

「他社と比較してiFOREXの評判は良い?」
「逆に他社に劣るのはどんな所?」
「酷評もありでメリット・デメリットを知りたい!」

こんな疑問があると思います。
今回は、贔屓(ひいき)無しでiFOREXを徹底レビューしました。

【どんなFX業者?】
iFOREX(アイフォレックス)の概要

  • iFOREXの運営元「Formula Investment House Ltd.」とは?
設立 1996年
金融ライセンス キプロス証券取引委員会(CySEC)

ハンガリー銀行 為替管理制度(MNB)

英国領バージン諸島の金融サービス委員会(BVIFSC)

資本金 14,922,898 USD
所在地 5 Nikis st., Syntagma Square,10557 Athens, Greece(ギリシャ)
  • iFOREXのスペック一覧
レバレッジ 最大400倍
1ロットサイズ 10万通貨
プラットフォーム FXnet(独自)
最大ロット 500ロット(500万通貨)
最小ロット 0.01ロット(1000通貨)
最大ポジション 制限なし
注文方式 DD方式(ディーリングデスク)
取扱い通貨ペア 90種類以上
CFD 50種類以上
その他 株式150種類以上
ボーナス 5種類
初回入金 1万円から
ロスカットルール 証拠金維持率0%(ゼロカット)

【結論】
どんな人にiFOREXはオススメか?

当てはまるなら「iFOREX向け」

  • 少額&ハイレバレッジのトレードが多い
  • 為替以外も幅広い取引がしたい
  • 複数口座より1個の口座に集中したい

iFOREXの評判は結論、上記に当てはまる人にオススメです。
取引ルール自体が、iFOREXは個性的になります。

「こんなFX業者を探していた!」という人にマッチする可能性が高いです。

一つ例を挙げると、iFOREXの取引銘柄の多さがあります。
為替だけでなく、株式・ETF・仮想通貨など全ての金融市場が取引可能です。

ここまで豊富に取扱い銘柄があるのはiFOREXだけ。
他社に満足できない人でも、iFOREXなら大満足できるでしょう。

今回は徹底レビューなので話が長いです。
ドンピシャに当てはまる人は、先に口座開設をして取引に時間を使いましょう。

iFOREXの評判が良い点・使うメリットとは?

iFOREXの評判が良い点・使うメリット

  • 最大400倍のレバレッジ&ゼロカット
  • ロスカット水準が証拠金維持率0%
  • 597種類のトレード対象
  • シンプルで使いやすい「FXnet」
  • 取引手数料無料で低スプレッド
  • 仮想通貨のレバレッジ取引が可能

iFOREXで評判の良い点は、取引に関する部分が多いです。
スプレッドやロスカット水準など実践的かつ、リアルなメリットが見えてきます。

まとめると6つのメリットが評判の理由です。
具体的にアナタがIFOREXを利用するメリットどうなのか?解説します。

最大400倍のレバレッジ&ゼロカット

国内FX業者からの移行でも、違和感なく使えるiFOREX。
とは言え、しっかり海外FX業者らしいメリットがあります。
最大400倍の高いレバレッジと、ゼロカット制度です。

例えば、国内FX業者は法人向けの口座でも最大100倍レバレッジ。
ゼロカットはなく、損失によって発生したマイナスの証拠金は支払いが必要です。(追証の支払い)

iFOREXは、最大400倍のレバレッジに加えて、損失によって生じた証拠金の不足は支払う必要はありません。

▷【要確認】iFOREXのレバレッジ徹底解説。制限や銘柄別の一覧でまとめ

ロスカット水準が証拠金維持率0%

iFOREXの強みは取扱い銘柄の多さだけではありません。
「ロスカット水準0%のロスカットルール」が実は多くの少額トレーダーに指示されています。

なぜなら、通常のロスカットルールより圧倒的に低い水準だからです。

  • ロスカットルールを他社比較
海外FX業者 ロスカットされる証拠金維持率
iFOREX 0%
XM 20%
TitanFX 20%
Axiory 20%
FBS 20%
GEMFOREX 20%
is6com 50%
Tradeview 100%

他社と比較すると、iFOREXのロスカット水準が最も低く設定されています。

ロスカット水準が低いと、含み損のポジションが強制決済されるまで長いです。
「ギリギリまでチャンスを生かせる」と人気で、アイフォ戦士という造語が生まれるほど。

▷【証拠金維持率0%】iFOREXのロスカットルールを解説!

597種類のトレード対象

iFOREXのトレード対象は597種類です。

レバレッジやロスカットルールが優れていると解説しました。
言わば「チャンスを生かしやすいトレード環境が整っている」と言えます。

597種類のトレード対象は「多くの市場からチャンスを探せるトレード環境」です。
つまり、iFOREXはFXで稼ぐチャンスを生かせるFX業者と言えます。

シンプルで使いやすい「FXnet」

iFOREXは海外FX業者で定番のMT4(メタトレーダー)を使いません。
独自の取引ツールの「FXnet」を使います。

MT4が使えない=不便といった口コミが多いです。
とは言え、実際に使ってみた感想は「シンプルで使いやすい」。

チャート分析もしやすく、証拠金の計算まで自動で算出してくれます。
何より、インストール不要でブラウザから起動できる手軽さが良いです。

以下の記事で詳しく解説しました。

▷【疑問】iFOREXでMT4は使える?→取引ツールはコレです。

取引手数料無料で低スプレッド

iFOREXは取引手数料無料です。
とは言え、取引手数料=無料は最近のFX業者では定番。

iFOREXの評判が良いのは、取引手数料が無料にも関わらず「低スプレッド」だからです。

他社だと、低スプレッドを実現するに1000円~2000円程度の取引手数料があります。
(いわゆるECN口座を使う事になります。)

具体例として、主要通貨ペアの平均スプレッドを他社と比較してみましょう。

  • iFOREXの平均スプレッド他社比較
主要通貨ペア iFOREX XM TitanFX AXIORY GEMFOREX FBS
米ドル/円 1.0pips 1.5pips 1.3pips 1.3pips 1.2pips 2.1pips
ポンド/円 2.3pips 3.5pips 2.2pips 2pips 1.9pips 5.2pips
ユーロ/円 1.2pips 2.1pips 1.4pips 1.5pips 1.4pips 2.5pips
豪ドル/円 3.0pips 3.2pips 2.2pips 1.9pips 1.6pips 2.4pips
ユーロ/米ドル 0.7pips 1.6pips 1.2pips 1.2pips 1.2pips 0.7pips
ユーロ/ポンド 1.4pips 1.8pips 1.5pips 0.8pips 1.6pips 3.2pips

人気の海外FX業者5社と比較しても、ほとんどの通貨ペアが最も低いiFOREX。
比較したのは、平均スプレッドで最も実践的な数字です。

これで取引手数料が無料なら、評判が良いのにもうなずけます。

▷【一覧】iFOREXのスプレッドは狭い?全銘柄を調べました。

仮想通貨のレバレッジ取引が可能

最近では、仮想通貨と為替を取引できるハイブリット業者が出てきました。
とは言え、iFOREXが本来のハイブリット業者と言えます。

2017年以降、多くの海外FX業者が仮想通貨の新規取引を停止しました。
(事実上の一時撤退です。)

しかし、iFOREXは現在も仮想通貨が取引可能。
レバレッジを掛け、ゼロカット制度も使えます。

為替はもちろん、全ての市場にアクセスできる真のハイブリット業者です。

▷【4倍→10倍】iFOREXの仮想通貨取引は有能!→その理由を語る

iFOREXの評判が悪い点・使うデメリットとは?

iFOREXの評判が悪い点・使うデメリット

  • レバレッジ400倍は低い?
  • MT4・MT5に非対応
  • スキャルピングには禁止ルールがある
  • 口座タイプ・追加口座は一本化
  • 出金手続きが面倒

どんなFX業者もデメリットがあります。
iFOREXは、20年以上の運営実績ながら致命的な悪評はありませんでした。

とは言え、若干の不利や酷評も徹底レビューしていきます。
iFOREXのデメリットは合計5つです。

レバレッジ400倍は低い?

国内FXの法人口座より高いレバレッジのiFOREX。
しかし、海外FX業者で比較すると最大400倍レバレッジは高くないです。

  • iFOREXのレバレッジを他社比較
海外FX業者 最大レバレッジ
iFOREX 最大400倍
XM 最大888倍
TitanFX 最大500倍
Axiory 最大400倍
FBS 最大3000倍
GEMFOREX 最大1000倍
is6com 最大1000倍
Tradeview 最大500倍

人気の海外FX業者7社と比較すると、iFOREXの最大レバレッジは最低水準となります。
とは言え、国内FXより高い倍率なので多くに人は十分です。

低スプレッドなど、iFOREXの他の強みよりレバレッジ重視な人にはオススメしません。
レバレッジの高さを重視するなら「FBS」や「GEMFOREX」が良いでしょう。

MT4・MT5に非対応

メリットでお伝えした通り、iFOREXは「FXnet」を使って取引をします。
MT4・MT5には非対応です。

もちろん、裁量取引(自分の判断でする取引)はFXnetでも十分快適にできます。

ただし、MT4・MT5にあるEA(エキスパートアドバイザー)を使った自動売買や、カスタムインジケーターで独自のチャート分析ができません。

自動売買ユーザー、オリジナルの分析術を使うトレーダーはiFOREXに不便を感じるでしょう。

また、iFOREXは非公式のAPI取引、自動売買を禁止しています。

スキャルピングには禁止ルールがある

iFOREXの取引規約には「スキャルピング禁止」のルールがあります。
低スプレッドで取引できるのに、スキャルピングが禁止なのは不便です。

一日10回以上の取引がスキャルピングと見なされ、規約違反の対象となります。
とは言え、どこまでがセーフなのか?公式のガイドラインは曖昧です。

スキャルピングが得意なトレーダーは、別のFX業者が良いでしょう。

例えば、スキャルピングを公認しているTitanFX(タイタンFX)などがオススメです。

口座タイプ・追加口座は一本化

海外FX業者では、1つのアカウントで追加口座を開設できるのが一般的です。
また、口座タイプが複数あり、少額向け・長期投資用など使い分けられます。

しかし、iFOREXは口座タイプがなく、追加口座もない一本化の体制です。

もちろん、複数のFX業者で口座を解説し、資金を分散させるのは多くのトレーダーが実践しています。

とは言え、1つのFX業者で複数の口座を使い分けたい人も多いはず。
そんな方にはiFOREXは不便かもしれません。

出金手続きが面倒

私も実際に出金手続きしましたが、「iFOREXの出金手続きは面倒」です。

iFOREXでは、出金する際に毎回「出金申請用紙」を提出します。
出金申請用紙を印刷→直筆でサイン→スキャンしてiFOREXに提出。この作業が面倒です。

もちろん、出金の手続きをしっかりとした管理体制にしているからこそ信頼が高い。
20年以上も運営出来ている理由とも言えます。

とは言え、FXで稼いだ利益はスムーズに出金したいです。
少しでもiFOREXの出金を楽にする方法などを以下の記事で解説しています。

▷【2020年最新版】iFOREXの出金まとめ。【手数料・日数・一覧】

【お得?】
iFOREXのボーナスは評判が良い

iFOREXのメリット・デメリットを踏まえて取引環境の評判を解説しました。

「iFOREXってボーナスが良いって聞いたけど?」これが気になる人も多いはず。
ボーナスが4つもあるので、別で解説します。

結論から言うと、iFOREXはボーナスだけで稼げるレベルで評判が良いです。

iFOREXのボーナスは4種類

種類 ボーナス&キャッシュバック概要 対象者
初回100%入金ボーナス 初回入金に対し、上限10万円分のボーナス 新規で口座開設した人
40%入金ボーナス 2回目以降の入金に対し、上限200万円分ボーナス
入金最大100%キャッシュバック 2回目以降の入金に対し、抽選で最大100%分キャッシュバック iFOREXユーザー
年利3%キャッシュバック 口座の残高に応じて毎月年利3%の利息キャッシュバック(上限1,500万円)
友達紹介ボーナス 友達をiFOREXへ紹介、条件クリアで1人当たり最大500ドルを現金で付与

お得感が評判のボーナスですが、上記の4種類です。

とは言え、4種類もあるので全てが良いという訳ではありません。
→【良いボーナス】入金ボーナス・キャッシュバック
→【微妙なボーナス】友達紹介ボーナス

新規向けの入金ボーナスは、入金するだけで貰えるので当然◎。
また、「年利3%キャッシュバック」は入金するだけで、自動的に利息でお金が増える最高の複利ボーナスです。

海外FX業者としては貴重な現金で貰えるボーナスになります。

唯一、iFOREXの評判が悪いボーナスは「友達紹介ボーナス」です。
友達にiFOREXを紹介するだけはなく、入金と取引(かなりの数量)をしないとボーナスが貰えません。

他のボーナスが相当コスパが良いのもあり、友達紹介ボーナスは酷評が多い印象でした。
各ボーナスの受け取り方、注意点は以下の記事で解説しています。

▷【コスパが良すぎる】iFOREXのボーナスは何がある?受け取り方に注意!

iFOREXは信頼できる?金融ライセンスについて

老舗のiFOREXなので、信頼性を調査するのもアレですが。
海外FX業者は、信頼性も重要です。

悪質な出金拒否や、運営体制による悪い評判はありませんでした。
また、第三者機関による裏付けとして「金融ライセンスを3つ」保有しており、安全面の評価も高いです。

iFOREXの金融ライセンス

キプロス証券取引委員会(CySEC)
ハンガリー銀行 為替管理制度(MNB)
英国領バージン諸島の金融サービス委員会(BVIFSC)

iFOREXの運営元である「Formula Investment House Ltd.」が合計3つの金融ライセンスを取得しています。

私達が利用しているiFOREXは「キプロス証券取引委員会(CySEC)」の金融ライセンスです。

海外FX業者が保有する金融ライセンスの中でも、審査基準や取得条件が比較的に難易度が高いとされています。

当然、運営元を含む3つのライセンスには、それぞれ厳重な監査があります。
なので、不正行為を行えない状況です。

安全性は高く、十分信頼できると言えるでしょう。

大手銀行の「分別管理」がある

iFOREXは、日本との法律の兼ね合いもあり、私達の資金は「分別管理」されています。
基本的に、海外FX業者では信託保全を日本向けに提供できません。

信託保全と分別管理

信託保全→FX業者が倒産した場合に、資金の返金保証がある仕組み
分別管理→FX業者の資金が顧客の資金と分けて保管される仕組み

分別管理では、会社の資金と顧客の資金が別の口座に預けられます。
会社が倒産しても、債権の支払いに顧客資金が使われない構造です。

資金の安全を確保する意味では同じですが、信託保全と違い○○円までは返金といった保障がありません。

「無名の銀行で資金が返ってくるか曖昧」このような心配もあります。

iFOREXは「信託分別管理」という、通常の分別管理より優れた管理体制です。
Mizrahi Tefahot Bank(イスラエル)で管理されています。

信託先の銀行は、イスラエルでトップ3に入る大銀行です。
倒産した場合に資金が返ってこない可能性はほとんどないでしょう。

また、iFOREXの運営過去20年の間に金融危機もありました。
未だ健在の事実から、そもそも倒産する可能性が低いです。

まとめ
iFOREXの総評は良い!

今回は「【酷評あり】iFOREXを徹底レビュー!評判とメリット・デメリットをまとめ」のテーマでした。

取扱い銘柄が多く、ロスカット水準が低いチャンスを狙い撃てるのがiFOREXの良い所です。

ただし、他社と違う部分が多く使う人を選ぶ面もあります。

総評としては、20年間の運営期間でも未だに人気なのは十分納得です。
基本スペックや、独自の要素がiFOREXにしかない、他社にない魅力があります。

他社にはないからこそ、口座を作って損はないでしょう。

 

iFOREXの口座開設方法はこちら

-iFOREX

© 2020 海外FXのハンドブック