iFOREX

【重要】iFOREXで口座凍結になる原因とは?事前に確認してトラブル回避!

【重要】iFOREXで口座凍結になる原因とは?事前に確認してトラブル回避!

海外FXの中でも長年の人気を誇るiFOREX(アイフォレックス)。
他社と同じく口座凍結はあります。

もちろん、信頼性の高いFX業者ですから悪質な口座凍結ではなく、違反者が対象です。

今回は「iFOREXで口座凍結になる原因」について解説します。

iFOREXは取引規約を理解すれば口座凍結はない

最初に口座凍結について補足です。
「iFOREXで口座凍結された!」といった方は、原則、取引ルールに違反した人になります。

基本的に、健全なトレードをしていればiFOREXで口座凍結はあり得ません。

なぜなら、iFOREXならではの難しい取引ルールはないからです。
また、取引規約に関してiFOREXは完全日本語化しており、他社に多い「取引規約が英語で読めない」といった問題はありません。

iFOREXの取引ルールは、いつでも確認できますし、常に最新のルールはアップデートされています。

▷iFOREX公式ホームページ

iFOREXで口座凍結の原因になる
「禁止行為」とは?

iFOREXの禁止行為は4つ

  • 一日に100回を超えるスキャルピング
  • オートメーション取引・API取引
  • 偽名・なりすましによる口座開設
  • 複数口座による両建て取引

iFOREXで原則、口座凍結になるのはあり得ないとお伝えしました。
口座凍結の原因になる禁止行為を見てみましょう。

基本的に自分で禁止行為をしていれば「明らかに不正行為だと考えられる行為」と自分で分かる内容です。

とは言え、FXでは不正行為と知りながら、稼げるビジネスと悪質な詐欺をする業者がいるのも残念ながら事実。

禁止行為を分かりやすく解説するので、不正対策として覚えておきましょう。

一日に100回を超えるスキャルピング

iFOREXでは、裁量トレードのみを許可しています。
裁量、つまり自己判断によって取引を行うという事です。

一日に100回を超えるスキャルピングは、基本的に人間の判断力では難しくなります。
おそらく、多くの人は一日に100回以上もトレードしないでしょう。

また、iFOREXはDD方式という国内FX業者と同じ仕組みを採用しています。
ディーラー(人)が私たちと為替市場の仲介を担う仕組みです。

そのため、度を越えた取引量は取引システムに障害を起こし、顧客全体に迷惑が掛かってしまいます。

1日100回以上のスキャルピングは控えましょう。

オートメーション取引・API取引

iFOREXの取引は、自社の取引プラットフォームを使ってのみ利用できます。
つまり、非公認の取引ツールをiFOREXで使うこと自体が禁止です。

オートメーション取引・API取引は、カンタンに言うと自動売買全般になります。
iFOREXでは自動売買が公式ツールでは非対応です。

なので、自動売買を行うには必然的に外部ツールを使う事になります。
iFOREXでは外部ツールを使った取引が禁止されており、絶対に使わないようにしましょう。

偽名・なりすましによる口座開設

iFOREXに限らず、偽名・なりすましによる口座開設は禁止です。
世間一般的に、偽名・なりすましは犯罪行為と捉えられます。

しかし、iFOREXは1アカウント1口座の上限があり、不便に感じる人が多いのも事実です。
(追加口座がないのは私自身もデメリットに感じます)

そこで、家族の名前を使いiFOREXの口座開設をしようとする人もいるでしょう。
気持ちは分かりますが、禁止されています。

また、口座で取引の有無を問わず、偽名登録が判明した段階で、最悪の場合は永久利用停止の可能性もあるので注意です。

複数口座による両建て取引

複数口座による両建ても禁止されています。
これも、FX業者では一般的な禁止行為です。

そもそも、前述した通り、同一人物がiFOREXの口座を複数持つ事が禁止されており、普通にトレードしていればあり得ない禁止行為になります。

ただし、「複数口座の両建て」は他社口座も含むので注意です。

例えば、iFOREXでドル円を1ロット買い、ほぼ同じタイミングでドル円を他社口座で1ロット売りが該当します。

両建て自体は、iFOREXでは禁止しておりません。

▷【疑問】iFOREXで両建てはできる?それとも制限されている?

iFOREXは取引せず放置で口座凍結する?

意図しない口座凍結の原因として、「取引せず放置→休眠口座→口座凍結」となるケースがFX業者にはあります。

iFOREXでは、取引せず放置しても口座凍結にはなりません。
休眠口座といった区分もありませんが「口座維持費が発生する」ので注意しましょう。

12カ月間、iFOREXで取引をしないまま放置すると、3カ月毎に15ドルの口座維持費が発生します。

3カ月/15ドルの口座維持費は、取引口座から自動的に差し引かれます。
また、円口座でも時点でのドル円レートに換算して支払いはあるので注意です。

ポイントは「取引口座から口座維持費が差し引かれる」こと。
長くトレードしないといった場合は、取引口座から全額出金をオススメします。

取引口座に残高がない場合は、口座維持費は支払う必要がありません。
もちろん、後で請求される事もないので安心です。

まとめ

今回は「【重要】iFOREXで口座凍結になる原因とは?事前に確認してトラブル回避!」のテーマでした。

iFOREXでは口座凍結の制度はあります。
ただし、悪質な口座凍結はなく、不正な行為をした人が対象です。

基本的に真っ当なトレードをしていれば口座凍結とは無縁。
iFOREXは、不正をせずとも、トレードしやすく、特典の充実しているFX業者です。

 

iFOREXの口座開設方法はこちら

-iFOREX

© 2020 海外FXのハンドブック