AXIORY

AXIORY(アキシオリー)は口座タイプのオススメは?特徴と違いを解説

2020年10月10日

AXIORY(アキシオリー)は口座タイプのオススメは?特徴と違いを解説

初めての海外FX口座で人気のAXIORY(アキシオリー)。
AXIORYでは、口座タイプが2種類あります。

「AXIORYでオススメな口座タイプは?」
「AXIORYの口座タイプで違いは何がある?」
「AXIORYは口座タイプでレバレッジは変わる?」

今回は、口座タイプに関するこんな疑問を解決します。

海外FX業者は、口座タイプで使用感が変わりやすいです。
アナタに最適なAXIORYの口座タイプを使ってみましょう。

業界最狭水準のスプレッド

AXIORYの口座開設はこちら

【結論】AXIORYを使うなら
「ナノスプレッド口座」が鉄板!

AXIORYの口座タイプで迷ったら「とりあえずナノスプレッド口座」がオススメです。
デメリットとしては、取引手数料が1ロットで約600円あること。

しかし、取引手数料を加味してもナノスプレッド口座には使うメリットがあります。
理由は、ナノスプレッド口座が海外FXトップクラスの低スプレッドだからです。

国内FXからの乗り換えを検討している方でも、ナノスプレッド口座なら違和感なくトレードできるでしょう。

そもそも、AXIORYを使う海外FXユーザーは低スプレッドを求めているケースが多いです。

レバレッジや各種ボーナスは、他社の方が優れており、AXIORYを使う意味は低スプレッドにあります。

もし、口座タイプで迷ったらAXIORYはナノスプレッド口座が無難な選択です。

【スペック早見表】
AXIORYの口座タイプ2つはどんな特徴?

  • AXIORYの口座タイプ早見表
口座タイプ スタンダード口座 ナノスプレッド口座
取引手数料 無料 1ロット往復6ドル
最大レバレッジ 最大400倍
証拠金通貨 USD/EUR/JPY
1ロットの単位 10万通貨
最大ロット数 1000ロット
最小取引数量 0.01ロット(1000通貨)
取り扱い通貨ペア 61種類
CFD 16種類
マージンコール 証拠金維持率50%以下
ロスカット 証拠金維持率20%以下
追証 なし(ゼロカット)
デモ口座 あり

AXIORYの口座タイプは2種類です。

  • スタンダード口座
  • ナノスプレッド口座

いずれも、違いとしては取引手数料の有無、そして実際のスプレッドになります。
口座タイプによるレバレッジ制限はなく、非常に分かりやすい仕様です。

もちろん、MT4なら自動売買もできます。
各口座タイプのスプレッドに関しては以下の記事を参考にどうぞ。

▷【調査】AXIORYのスプレッドは狭い?全通貨ペア・口座タイプで徹底比較

注意

AXIORYで許可されている自動売買は、公認のプラットフォームのみです。
非公認のAPI取引は規約違反として口座凍結など罰則があります。

AXIORYのスタンダード口座とは?

スタンダード口座がオススメな人

取引手数料は嫌だけど、多少はスプレッドを抑えたい人にオススメ。

AXIORYのスタンダード口座は、取引手数料無料で使える口座タイプです。
低スプレッドで言えば、ナノスプレッド口座には劣ります。

しかし、他社の同じ口座タイプ(取引手数料が無料の口座)と比較すると低スプレッドです。
海外FXレベルのスプレッドは許容しつつ、他社より有利なスプレッドで取引できます。

また、取引の方式はNDD方式を採用しています。
NDD方式とは、私たちが注文してから成立するまでの裏方の仕組みです。

私たちと為替の取引される場であるインターバンク市場、この仲介にAXIORYの取引システムが入ります。

NDD方式の仕組みは、悪質なストップ狩り、顧客の注文を通さず損失を着服するノミ行為ができない仕組みです。

不正ができない構造なので、安心して取引ができます。

AXIORYのナノスプレッド口座とは?

AXIORYのナノスプレッド口座がオススメな人

  • スプレッド重視でFX口座は選ぶ
  • スキャルピング中心でトレードする
  • 専業・中級者以上のトレーダー

AXIORYの口座タイプによる違いはスプレッドだけです。
しかし、スプレッドが狭いだけでオススメできる幅が広がります。

なぜならスプレッドは狭いほど、取引は有利だからです。
スプレッド分は、ポジションの含み損として反映されます。したがって、スプレッドが狭い=含み益に変わるのも早いです。

また、スプレッドに変わってナノスプレッド口座では取引手数料が発生します。
とは言え、取引手数料を支払うのは必ずしもデメリットではありません。

取引手数料は、トレードで必要な経費として確定申告時に計上できます。
海外FX口座は税率が国内FXより高いので、取引手数料による節税効果は嬉しいポイントと言えるでしょう。

ちなみに、スプレッドは経費としては認められていません。
中級者以上のトレーダーなら、スプレッドより取引手数料としてコストが変わるのはメリットになります。

まとめ

今回は「AXIORY(アキシオリー)は口座タイプのオススメは?特徴と違いを解説」のテーマでした。

この記事をまとめると以下の通りです。

  • AXIORYの口座タイプはナノスプレッド口座がオススメ
  • 取引手数料に抵抗がある人はスタンダード口座
  • 専業・中級者トレーダーはナノスプレッド口座が結果お得

AXIORYの特徴が低スプレッドなので、基本的にはナノスプレッド口座がオススメになります。
個人的には、AXIORYのスタンダード口座を使うならレバレッジを重視したいです。
他社だと1000倍~3000倍も使えます。

スプレッド重視なら、ナノスプレッド口座。それ以外は、他社口座を検討するのも良いでしょう。

業界最狭水準のスプレッド

AXIORYの口座開設はこちら

 

AXIORYの口座開設方法はこちら

-AXIORY

© 2020 海外FXのハンドブック