XM トレードスタイル

Cフォークとは?チャートへの描き方と意味を分かりやすく解説

Cフォークとは?チャートへの描き方と意味を分かりやすく解説

意外と使えるのに、マイナーなチャートパターン「Cフォーク」。
FX教材に解説されていない場合が多いです。

今回は、トレンド転換を狙える有能なCフォークを解説します。

結論から申し上げますと「たったの2本のラインで有利にエントリーできる最強パターン」です。

Cフォークの描き方から、チャートに発生する意味まで分かりやすくまとめました。

今なら3000円の取引ボーナスがもらえる

最短5分!XMの口座開設はこちら

Cフォーク(Chuvashov’s Fork)とは?

Cフォーク(Chuvashov’s Fork)とは?

「Chuvashov’s Fork(チュヴァショーフ・フォーク)」を略して、Cフォーク。
考案者の名前が由来のチャートパターンです。

画像で表すと、2本のトレンドラインで描く「転換系のチャートパターン」になります。

FX初心者によくある経験談、トレンドラインを引いたけど一瞬で抜けた。これらは、実はCフォークが成立している可能性が高いです。

つまり、Cフォークを覚えればトレンドラインが抜けた負けを、勝ちに変えられる可能性があります。

Cフォークのチャートに発生する意味

先にCフォークの本質を解説します。
チャートパターンが形成されるには意味があり、チャートで影響する理由があります。

知っておくと、圧倒的にトレード上達の近道です。

さっそくですが「Cフォークがチャートに出る=トレンドラインの終了」が本質になります。

Cフォークでは、主要なトレンドラインを描き、トレンドラインを抜ける事が重要です。

トレンドラインを目安に取引していたトレーダーが混乱し、やがて新しいトレンドに向かって取引し始めるといった仕組みになります。

アナタが、トレンドラインを見て取引していたなら、今後はトレンドラインを抜けたら損切りするだけではダメ。

Cフォークで次の利益チャンスを獲得しましょう。

Cフォークをチャートに描く方法

Cフォークを理解するには、実際に書いてみるのが分かりやすいと思います。
なぜなら、他のチャートパターンと違いトレンドラインを書くのが必須だからです。

図解しても、存在しないトレンドラインではイメージできません。

ドル円のリアルチャートを使って解説します。

①Cフォークの軸となるトレンドラインを引く

Cフォークをチャートに描く方法

Cフォークを書くには、まず軸となるトレンドラインを書きましょう。

  • 上昇トレンド→安値と安値を結んだトレンドライン
  • 下降トレンド→高値と高値を結んだトレンドライン

2点を結べるようにトレンドラインを引きます。
上記のドル円チャートは下降トレンドなので、高値と高値の2点を結んでトレンドラインを描きました。

②Cフォーク成立の条件となるトレンドラインを引く

②Cフォーク成立の条件となるトレンドラインを引く

先ほど引いた下降トレンドが、トレンドラインを抜ける展開を見せました。
ここからが、トレンドラインとCフォークの大きな違いです。

高値②(上昇トレンドの場合は安値②)と、抜けた後の高値を結んだトレンドラインを描きましょう。

この時、高値②より低い位置で高値③があるのがCフォークのルールです。
つまり、異なる角度の下降トレンドに対するラインを引くという作業になります。

③Cフォークが成立

③Cフォークが成立

②で引いたトレンドラインを上抜ける展開がありました。
これでCフォークの成立です。

  • 下降トレンドの場合、2回目のトレンドラインを抜けると上昇転換
  • 上昇トレンドの場合、2回目のトレンドラインを抜けると下降転換

Cフォークは2本目のトレンドラインを抜けると成立です。
成立した場合は、上記のような予想を立てられます。

【実例】Cフォークを使ったトレード方法

【実例】Cフォークを使ったトレード方法

Cフォークを使って、実際のトレード方法を考えてみましょう。
上記はドル円の日足チャートです。

Cフォークを描いて、売りエントリーをする場合はどのように描くのでしょうか?

このようにCフォークを描ければOKです。

このようにCフォークを描ければOKです。

2本目のトレンドラインを抜けた部分(緑色)で、売りエントリーを検討します。
損切りは、2本目のトレンドラインを上抜けた高値付近です。

Cフォークでは、1本目のトレンドと同じ方向で2本目のラインを引く必要があります。

ちなみに、よくあるCフォークの間違いとして上記の描き方があります。

なぜ間違いかと言いますと、2本目のトレンドラインが右肩上がりではないからです。
Cフォークでは、1本目のトレンドと同じ方向で2本目のラインを引く必要があります。

【応用編】Cフォークはダブルボトム・トップを初期で判断できる

Cフォークの応用として、定番のチャートパターン「ダブルボトム・トップ」を初期で判断できる考え方があります。

なぜなら、ダブルボトムやダブルトップも同じ転換系のチャートパターンだからです。
転換系は共通して、その形の中で買い売りの攻防が決着するという仕組みがあります。

例えば、ダブルボトムなら1度付けた安値を抜けられない状態が起こります。
下降トレンドの継続ができず、安値の更新ができないから上昇トレンドに転換する仕組みです。

同じ考え方で、Cフォークも買い売りの攻防が決着しています。

【応用編】Cフォークはダブルボトム・トップを初期で判断できる

イメージとしては、上記の通りです。

  1. トレンドラインが意識され、順調に推移していたトレンド。
  2. トレンドラインを抜ける
  3. 再びトレンドを継続をしようとするも、失敗

同じラインを意識して取引していた投資家・トレーダーはラインを抜けると不安になります。(これまでラインで売れば勝てたのに・・・と誰でも思います。)

再びトレンドを継続しそうな動きがあり、しかし価格が上がれば方向感を変える必要に気付くはずです。

このようなCフォークによる、相場心理が分かるとより使いやすくなります。

まとめ

今回は「Cフォークとは?チャートへの描き方と意味を分かりやすく解説」のテーマでした。

国内ではマイナーなCフォークですが、実は海外ではポピュラーです。
図解しづらいので、日本ではやはり形が分かりやすい他のチャートパターンが好まれます。

とは言え、実際にチャートに描けばトレンドライン2本で解決するシンプルさ。
個人的には、分かりやすく精度も高いので好きです。

今なら3000円の取引ボーナスがもらえる

最短5分!XMの口座開設はこちら

 

XMの口座開設方法はこちら

-XM トレードスタイル

© 2020 海外FXのハンドブック