Exness

Exness専用アプリの使い道は?メリット・デメリットを解説。

2020年10月25日

Exness専用アプリの使い道は?メリット・デメリットを解説。

今回は海外FX業者Exness(エクスネス)のアプリについて解説します。
アプリですから、スマホトレードでの活用がメインです。

完成度次第では、定番のMT4/MT5よりスマホでも快適にトレード出来ます。
他社だと、XMなどの専用アプリは有名です。

とは言え、2020年に上陸したばかりのExnessはどうでしょうか?
実際にアプリがトレードで使えるか詳しく見てみましょう。

レバレッジ無制限

Exnessの口座開設はこちら

Exnessの専用アプリは2種類ある

Exnessで使えるアプリ

  • MetaTrader4(MT4)
  • MetaTrader5(MT5)
  • Exness Trader
  • Exness Social Trading

Exnessで使えるアプリは全部で4種類あります。
その中で「Exness Trader」と「Exness Social Trading」が自社発の専用アプリです。

どれも同じ機能ではなく、特徴や使い道が分かれています。

もちろん、シンプルに「スマホからトレード出来れば良い」といった方はMT4・MT5で十分です。

以下の記事を参考にどうぞ。

▷【初心者ガイド】ExnessのMT4/MT5を導入する手順!よくある質問まで解説。

Exnessの専用アプリ
「Exness Trader」は使える?

  • Exness Traderのメリット

取引シグナルが見れる
入出金・資金移動が使いやすい
世界中の経済指標が最速でチェックできる

  • Exness Traderのデメリット

英語が読めるないと使えない
チャート分析ができない

Exnessの専用アプリ「Exness Trader」は、使い道としては情報収集です。
トレードで使うには実用面で劣るのでオススメできません。

致命的なのは、ローソク足チャートが表示出来ないこと。
もちろん、線を引いたり、インジケーターを使ったりといった機能がありません。

チャートに関する機能がほぼないです。

また、日本語対応のアプリですが、実は大半は英語表記になっています。
英語の読める人が情報収集で使えるレベルです。

「Exness Trader」の使い方

「Exness Trader」の使い方

スマホのアプリストアから「Exness Trader」はダウンロードできます。
ちなみに、Exness公式サイトにもありますが、結局はアプリストアに誘導されるので同じです。

Exness Traderを起動

Exness Traderを起動すると、最初のガイドが表示されます。

すでにExnessの口座開設を持っている方は不要の作業

新規口座開設の案内が始まります。
すでにExnessの口座開設を持っている方は不要の作業です。

左上の戻るボタンをタップして「サインイン」を選択しましょう。

「Exnessの口座開設はまだ・・・」といった方は以下の記事を参考にどうぞ。

▷【画像あり】Exness(エクスネス)の口座開設手順を分かりやすく解説

Exnessアカウントと同じログイン情報

アプリからも、普段使っているExnessアカウントと同じログイン情報です。
スマホ専用の口座はなく、共通となります。

通貨ペア・銘柄の一覧

メニュー自体は見やすくまとまっており、特に英語でも使い方に迷う事はないでしょう。
ログイン後、最初に表示される画面では通貨ペア・銘柄の一覧が表示されます。

取引したい通貨ペア・銘柄をタップして、取引を行えます。
ただし、前述した通り簡易的なチャートなので分析は不便です。

下部メニューの左から2番目が取引シグナル

下部メニューの左から2番目が取引シグナルです。
チャート画像と、シグナルが確認できます。

ただし、チャートは画像なのでスクロールやラインを引いたりは出来ません。

取引シグナル以外のExness Traderの機能は以下の通りです。

  • 新規注文・注文変更
  • 入金・出金
  • 資金移動
  • 取引シグナルの閲覧
  • 経済指標の確認
  • ニュース(英語)
  • Exnessサポート
  • 価格アラート機能

Exnessの専用アプリ
「Exness Social Trading」は使える?

  • Exness Social Tradingのメリット

コピートレードができる
手数料は利益を得た時のみ
スマホだけでOK
詳細データまで公開

  • Exness Social Tradingのデメリット

日本人の提供者がいない
手数料が自由

Exness Social Tradingは、コピートレード専用のアプリです。

自動売買ではなく、コピートレードなのでスマホ一台で使える手軽さが魅力になります。
本来、自動売買だとPCのMT4・MT5を使うので休まずPCを起動させるのが必要です。

コピートレードは、Exnessのサーバーを経由して、提供者のトレードをコピーします。
なので、24時間体制でPCを起動する必要はなく、スマホ一台で済むといった仕組みです。

Exness Social Tradingの手数料

Exness Social Tradingの手数料は、コピートレードで得た利益に対してのみ発生します。
利益に対して、設定された割合分の手数料なので最終的には利益がしっかり手元に仕様です。

とは言え、Exness Social Tradingの手数料は提供者が自由に決められます。
手数料の高いコピートレードも多いのがデメリットです。

Exness Social Tradingは日本人の提供者がいない

Exnessは、日本上陸から日が浅い事もあり、日本人のコピートレード提供者がいません。

とは言え、日本より海外の方が投資教育を進んでおり、本質的には問題ないでしょう。

「日本人相手のコピートレードが良い」と言った方は、GEMFOREXやFBSなどを利用するのがオススメです。

まとめ

今回は「Exness専用アプリの使い道は?メリット・デメリットを解説。」のテーマでした。

この記事をまとめると以下の通りです。

  • ExnessのスマホトレードはMT4/MT5でOK
  • Exness Traderは情報収集にしか使え無い
  • Exness Social Tradingはコピートレード専用

最近は、スマホの性能が上がるにつれて各社アプリをリリースする流れが来ています。
いずれが、FX=スマホでトレードが一般化するかもしれません。

とは言え、まだExnessのアプリは不完全な部分が多いのが現状です。
今後のリリース情報に期待しましょう。

レバレッジ無制限

Exnessの口座開設はこちら

 

Exnessの口座開設方法はこちら

-Exness

© 2020 海外FXのハンドブック