XM トレードスタイル

【難解】FXチャートパターン「ダイヤモンド・フォーメーション」を指南

【難解】FXチャートパターン「ダイヤモンド・フォーメーション」を指南

今回は、FXチャートパターンの中でも難易度高め「ダイヤモンド・フォーメーション」について解説します。

覚えた所で、滅多に見られない=役に立たないと思っているなら大間違い。
稀に見るという事は、もしかしたら貴重な大チャンス相場かもしれません。

いざチャンスを迎えた時に、利益を狙えるレベルまで実践的に解説します。

今なら3000円の取引ボーナスがもらえる

最短5分!XMの口座開設はこちら

ダイヤモンド・フォーメーションとは?

ダイヤモンド・フォーメーションとは?

ダイヤモンド・フォーメーションとは?

  • ラインを結ぶとできるダイヤモンド型の形
  • 転換点や逆行終了時にみられやすい
  • 最も長い交点の値幅が期待値

ダイヤモンド・フォーメーションとは、トレンド転換点や長期トレンドの逆行(ぎゃっこう)が終了する際にみられやすいチャートパターンです。

「ダイヤモンド」の名前通り、ひし形や平行四辺形の形をしています。

高値と安値を結んだ三角合いが2つ合体すると、ダイヤモンド・フォーメンションの形が見えていきます。

ダイヤモンドフォーメーションの書き方

ダイヤモンド・フォーメーションの形について解説しました。
ここでは、FXチャートでダイヤモンド・フォーメンションの書き方を解説します。

ダイヤモンドフォーメーションの書き方

高値と高値を線で結びます。
この時、安値と安値でもOKです。

現時点で明確に引けるライン、例えば3点結んでも一部がキレイに線と交差しない場合は書きません。

しかし、基本的には何度も意識されたトレンドラインの方がベター。
複数個の高値、安値と結べる場合は長いトレンドラインを書きましょう。

安値と安値を線で結びます。

安値と安値を線で結びます。
同様に、先に安値を線で結んだ場合は高値を線で結びましょう。

この時点で、ダイヤモンド・フォーメーションの左半分が完成しました。

ちなみに、過去チャートでダイヤモンド・フォーメーションを書く場合は右へトレンドラインを延長してみてください。

後の戻り高値・押し安値と重なりやすいです。

右側も同様に、高値・安値を線で結び線を引きます。

右側も同様に、高値・安値を線で結び線を引きます。
そして、線同士の中にダイヤモンド(ひし形・平行四辺形)の形が見られれば「ダイヤモンドフォーメーション」です。

ダイヤモンド・フォーメーションが書けない時

ダイヤモンド・フォーメーションを書く時に、上手く形が見えてこない場合は原因が2つです。

  • ダイヤモンド・フォーメーションが成り立つ相場ではない
  • ダイヤモンド・フォーメーションの考え方が違う

根本的にダイヤモンド・フォーメーションは転換点のチャートパターンです。

したがって、他のチャートパターンと比較して発生する頻度が少なくなります。

また、ダイヤモンド・フォーメーションの形を探して分析するのは失敗しやすいです。

なぜなら、トレンドラインを書いた結果、図形としてダイヤモンドの形が見える考え方を持つべきだからです。

例えば、トレンド転換は必ずしもダイヤモンド・フォーメーションだけで起こるものではありません。

他のパターンや、買いと売りの偏りも転換点を作ります。

「下降トレンドから、高値と安値が切り上がった」「ダイヤモンド・フォーメーションも見える」とあくまで、分析材料の1つとして考えましょう。

【本質】ダイヤモンド・フォーメーションの真実

ダイヤモンド・フォーメーションとは、転換点で見えやすいチャートパターンだと解説しました。

本質的に、何が起こった結果ダイヤモンド・フォーメーションが成立するのでしょうか?
つまり、転換点のチャートパターンとなる理由を解説します。

これが分かると、ダイヤモンド・フォーメーションでダマシにあってFXで負ける可能性が大きく下げられます。

ダイヤモンド・フォーメーションと三尊天井・逆三尊

ダイヤモンド・フォーメーションは、三尊天井や逆三尊など他のトレンド転換のチャートパターンを1つにした物です。

なぜなら、ダイヤモンド型の中では多くのトレンド転換のチャートパターンが見られるからです。

ダイヤモンド・フォーメーションと三尊天井・逆三尊

例えば、上記のダイヤモンド・フォーメーションでは三尊天井(さんぞんてんじょう)のチャートパターンが見えると思います。

三尊天井は、上昇トレンド→下降トレンドへ転換する際のチャートパターンです。

このように、ダイヤモンド・フォーメーションは転換系のチャートパターンと同時に発生するのが基本形になります。

  • ダイヤモンド・フォーメーションを意識して新規注文をするトレーダー
  • 転換系のチャートパターンを意識して新規注文をするトレーダー

注文にいたる理由は違いますが、売買方向が共通です。
つまり、多数がほぼ同方向に注文するのでトレンド転換と大きな急騰急落を起こしやすくなります。

【具体例】ダイヤモンドをチャートで探す

ここからは、より実践的にFXチャートでダイヤモンド・フォーメーションを分析してみましょう。

ポンド円チャートから、ダイヤモンド・フォーメーションを探して具体的なトレードシナリオを考察します。

【具体例】ダイヤモンドをチャートで探す

上記のチャートでは、ダイヤモンド・フォーメーションが見られます。
左側が上昇トレンドなので、売り注文で取引を考えます。

右肩下がりのトレンドラインに触れると同時が理想

エントリーするタイミングですが、右肩下がりのトレンドラインに触れると同時が理想です。

もしくは、ダイヤモンド・フォーメーションの右側ラインを割ってからでもOK。

損切りは、トレード根拠がダイヤモンド・フォーメーションなので図形が不成立になる価格の動きで考えられます。

問題は「利益確定をどのポイントで行うか?」です。

ダイヤモンド・フォーメーションの頂点と底辺の値幅を参考に

利益確定のポイントは、ダイヤモンド・フォーメーションの頂点と底辺の値幅を参考にできます。

なぜなら、ダイヤモンド・フォーメーションのセオリーとして「頂点→底辺=下げ止まり・上げ止まり」の値幅が等しいといった法則があるからです。
※あくまで「セオリー」絶対ではありません。

ダイヤモンド・フォーメーションを下方向へブレイクしたポイントを利益確定に設定

実際に、ダイヤモンド・フォーメーションを下方向へブレイクしたポイントを利益確定に設定しましょう。

すると、その後の値動きでは同じ水準で若干のもみ合い相場が発生しています。

つまり、効率よく価格を下げる展開が一旦止まりました。
利益確定ポイントとして、ちょうど良い水準です。

まとめ

今回は「【難解】FXチャートパターン「ダイヤモンド・フォーメーション」を指南」のテーマでした。

ダイヤモンド・パターンは上級者向けのチャートパターンです。
日本人のトレーダーで知っている割合は10人中3人ぐらいだと思います。

形が複雑で、頻繁に見られるチャートパターンではないのでダブルボトムや三尊天井よりマイナーになります。

とは言え、分かるパターンが多いほど、取引で稼ぐ機会も増えるので覚えて損はないです。

実際のチャートで自分で探してみましょう。

今なら3000円の取引ボーナスがもらえる

最短5分!XMの口座開設はこちら

 

XMの口座開設方法はこちら

-XM トレードスタイル

© 2020 海外FXのハンドブック