XM プラットフォーム

【裏技】XMのMT4でチャートを制す!複数チャートの表示とカスタマイズ

2020年4月8日

【裏技】XMのMT4でチャートを制す!複数チャートの表示とカスタマイズ

XMでは、世界標準の取引プラットフォームMT4(メタトレーダー4)が使えます。
拡張機能に優れるので、チャートを分析するのに便利です。

しかし、多機能すぎて初心者は「結局何を使えば良いの?」となる問題があります。

なので、今回はMT4で初心者が使うべきチャート機能を解説します。

  • XMの複数銘柄を同時にチャート表示する方法
  • チャートを見やすくするカスタムインジケーターの導入方法
  • 絶対使うべき「プロも愛用するカスタム」

具体的に、この3つを解説します。
誰でも読んですぐ実践可能、XMのチャート分析が超効率化できる内容です。

MT4の基本操作に関しては以下の記事で解説しています。

▷【初心者向け】XMのMT4(メタトレーダー4)マニュアル。導入から基本操作まで。

今なら3000円の取引ボーナスがもらえる

最短5分!XMの口座開設はこちら

【XM】MT4で複数のチャートを表示する方法

XMでは90種類の銘柄を取引できます。
なので、MT4の複数チャートを表示する機能と相性が良いです。

複数チャートでできる事

  • 複数の通貨ペア・CFDを監視できる
  • 複数の時間足でチャート分析できる
  • 相関・逆相関のリアルタイム分析ができる
  • 「気配値一覧」を表示する

【XM】MT4で複数のチャートを表示する方法

  • MT4の上部メニューから「気配値表示」のアイコンをクリック
  • 「通貨ペア」を開く

【XM】MT4で複数のチャートを表示する方法

  • 「気配値一覧」の余白部分を右クリック
  • 「通貨ペア」をクリック
  • 「通貨ペアリスト」から表示したい通貨ペアを選択

【XM】MT4で複数のチャートを表示する方法

  • 通貨ペアリストが表示されます
  • 一覧から表示したい通貨ペアを選択し「表示」をクリック
  • チャートを表示したい通貨ペアを選んだら「閉じる」をクリック

今回は、クロス円の4つの通貨ペアで表示します。

+ クリックして下さい「通貨ペアのフォルダ区分」

  • 「気配値一覧」からチャート表示をする

【XM】MT4で複数のチャートを表示する方法

  • 選択した通貨ペアは「気配値一覧」に追加されます
  • 通貨ペアを右クリックして「チャート表示」をクリック

チャートを表示したい通貨ペアをそれぞれ「チャート表示」をクリックしましょう。

  • 「チャート」が重なって表示される

【XM】MT4で複数のチャートを表示する方法

先ほど選択したクロス円のチャートが重なって表示されます。

  • 「ウィンドウの整列」を使う

【XM】MT4で複数のチャートを表示する方法

  • チャート画面の左下、通貨ペア名を右クリック
  • 「ウィンドウの整列」をクリック
  • 複数チャートの表示が完了

【XM】MT4で複数のチャートを表示する方法

「ウィンドウの整列」を使うと自動的に、画面の大きさに合わせて複数チャートが表示されます。

XMのチャートを便利に!カスタムインジケーターを導入する方法

XMのチャートを便利に!カスタムインジケーターを導入する方法

こちらのチャート画面には以下の便利な機能が表示されています。

  • ローソク足確定までの残り時間
  • 現在の価格を拡大表示
  • 各通貨の強弱グラフ

全て無料で利用できるMT4の「カスタムインジケーター」で実現できます。
例えば、小さいパソコン画面に複数チャートを表示すると、現在の価格が小さすぎて見えないといった問題があります。

カスタムインジケーターで、チャートに関する不便な問題を簡単に解決できます。

カスタムインジケーターの導入手順

MT4にカスタムインジケーターを導入する方法を解説します。

具体的に、カスタムインジケーターをMT4に導入して、チャートに表示するまでを実際の画面で分かりやすく解説します。

※カスタムインジケーターは、別途お好きなのを入手してください。(オススメは後ほど解説します。)

  • 「データフォルダ」を開く

カスタムインジケーターの導入手順

  • MT4の上部メニューから「ファイル」をクリック
  • 「データフォルダを開く」をクリック
  • 「MQL4」を開く

カスタムインジケーターの導入手順

  • 「データフォルダ」が表示されます。
  • 「MQL4」をクリック
  • 「Indicators」にカスタムインジケーターを入れる

カスタムインジケーターの導入手順

  • 追加したいカスタムインジケーターを「Indicators」内にコピー&ペーストしましょう。
  • 追加できたら、MT4を一度再起動します。
  • 「カスタムインジケーター」を使う

カスタムインジケーターの導入手順

  • MT4の上部メニュー「挿入」をクリック
  • 「インディケータ」→「カスタム」をクリック
  • 追加したカスタムインジケーターをクリック
  • 「OK」を押してチャートへ適用する

カスタムインジケーターの導入手順

  • 「OK」をクリックするとチャートへ適用されます
  • ちなみにカスタムインジケーターの設定変更もこちらから行います
  • チャートにカスタムインジケーターが表示される

カスタムインジケーターの導入手順

【裏技】MT4でチャートに表示したい!オススメなインジケーター

XMと相性の良い「オススメカスタムインジケーター」を紹介します。

SNSなどで有名なトレーダーはもちろん、私自身も必ずチャートに表示させる便利さなのでオススメです。

もちろん全て無料で入手可能なので、配布しているサイトもご紹介します。

  • 23Signal_Price-v1

チャート上に、通貨ペアやCFDの現在価格を拡大表示できるカスタムインジケーター。
MT4の標準機能では、価格のみの拡大表示が出来ません。

なので、複数チャートはもちろんノートパソコンだと「数字が細かすぎて見えない問題」を解決できます。

  • xMeter_Indicator

チャート上に、現在の通貨強弱グラフを表示するカスタムインジケーター。
あくまで目安程度にですが、今現在の相場ではどの通貨の価値が高いか?といった通貨強弱をグラフ表示できます。

例えば、XMのような57種類の通貨ペアを扱っているFX業者では、通貨の強弱関係を参考にトレードする使い方ができます。

全ての通貨ペアのチャートを分析するより、一目で大まかな通貨強弱を確認したい時にオススメ。

  • RemainingTime_ja

ローソク足が確定するまでの残り時間をチャート上に表示するカスタムインジケーター。
MT4には、ローソク足の残り時間を表示する機能がありません。

例えば、時計を見て代用する場合は、XMが日本時間ではなく、グリニッジ標準時間でチャートを表示するので参考になりません。

なので、こちらのカスタムインジケーターで表示機能を追加すれば簡単に解決できます。

XMのチャート設定は「テンプレート保存」が便利

XMでは、複数の銘柄が取引できます。
なので、チャートを何度も新しく表示する機会があり、毎回の設定が面倒です。

例えば、チャートに表示するインジケーターや、チャートの色やスケールなど。
基本的には、個人で決まったチャート設定があると思います。

MT4に搭載されている「テンプレート保存」を活用すると、簡単にチャート設定を変えられるので便利です。

MT4のテンプレート保存&適用の使い方

  • 「定型チャート」を保存する

MT4のテンプレート保存&適用の使い方

  • チャート画面で右クリック
  • メニューから「定型チャート」→「定型として保存」
  • 「名前を付けて保存」をする

MT4のテンプレート保存&適用の使い方

現在のチャート設定を保存できます。
今回は「Kaigaifx-handbook」とテンプレート名を付けて保存します。

  • 「定型チャート」から読み込む

MT4のテンプレート保存&適用の使い方

  • チャート画面で右クリック
  • 「定型チャート」から設定した名前をクリック
  • 今回は「Kaigaifx-handbook」を読み込みます
  • 同じチャート設定が複製できる

MT4のテンプレート保存&適用の使い方

これでチャート設定が一瞬で終わります。
今回は、左上のチャートを右上と同じ設定にしました。

テンプレート保存は、カスタムインジケータを含む同じ設定が保存できるのでオススメです。

XMのチャートについてのまとめ

今回は「【裏技】XMのMT4でチャートを制す!複数チャートの表示とカスタマイズ。」のテーマでした。

この記事をまとめると

  • XMを使うなら複数チャートは覚えておくと良い
  • MT4は標準状態だと不便
  • XMは通貨ペアが豊富なので、見やすさを改善するカスタムが◎

つまり「XMを使うなら、初心者は複数チャートの表示を知ると良い。慣れたらカスタマイズ。」といった内容でした。

ご紹介したカスタムインジケーターは、私自身がチャートに普段から表示させています。
正直、XMのようにMT4に対応していないFX業者は使いたくない程の便利さです。

今回ピックアップしました「チャートを見やすくする方法」は全て無料なので、とりあえず試してみるのをオススメします。

今なら3000円の取引ボーナスがもらえる

最短5分!XMの口座開設はこちら

 

XMの口座開設方法はこちら

-XM プラットフォーム

© 2020 海外FXのハンドブック