XM 取引

【200倍】XMの日経225を取引する方法!利益を上げるポイントも。

2020年4月9日

【200倍】XMの日経225を取引する方法!利益を上げるポイントも。

今回は「XMの日経225」について解説します。

具体的に以下の3本立てでお届けします。

  • XMの日経225に関する取引ルール
  • XMの日経225を取引する方法
  • 日経225で稼ぐ為に知っておきたい基礎知識

XMでは、日経225を「FXと同じ口座」「レバレッジ200倍」と有利な環境で取引可能です。

結論として「XMの日経225は、取引環境が良いので、知らないならもったいない」そんなお話になります。

今なら3000円の取引ボーナスがもらえる

最短5分!XMの口座開設はこちら

XMの日経225は「現物」と「先物」の2種類

XMで取り扱っているのは「日経225(現物)」「日経225(先物)」の2種類あります。
同じ日経225でも取引ルールが違うので注意しましょう。

なぜなら日経225では以下の違いがあるからです。

日経225(現物)

  • マイナススワップポイントがある
  • 配当金が貰える

日経225(先物)

  • スワップポイントが発生しない
  • 決済期日がある

このような違いが、日経225の現物と先物取引であります。
また、他のXMで取引できる銘柄と違い「最大レバレッジ200倍」といった違いもあります。

取引ルールの違いは、不要なトラブルを防ぐ為にも事前に知っておくべきです。
なので、日経225の取引ルールを解説します。

XMの日経225はレバレッジ200倍

XMの日経225はレバレッジ200倍まで利用できます。

FXでは最大888倍のレバレッジですが、日経225を含む為替以外の銘柄は「証拠金率」
でレバレッジが計算されます。

日経225は現物、先物共に「証拠金率0.5%」です。
これは、取引金額に対して0.5%の証拠金があれば取引可能といった意味になります。

例えば、日経225を1ロット(1日経225)の必要証拠金は以下の通りです。

  • 日経225の証拠金目安
現物指数(英語) 現物指数(日本語) 全口座共通
JP225Cash NIKKEI225(日本) 94円

日経225に関しては、FXの様に1ロット10万通貨単位ではなく、1ロット1日経225といった数量で取引できます。

要するに意味としてはFXと同じで、日経225という投資商品を1個分取引する形です。

  • 日経225のロット
  • 最小ロット→1ロット(1日経225)
  • 最大ロット→10000ロット(10000日経225)

取引数量が日経225は違うので、最大ロットも大きくなります。

また、両建て時には「証拠金維持率50%」となるので注意しましょう。
FX取引では、両建てをすると証拠金維持率は0%表記です。

▷【本質】XMは両建てOK!初心者が知らない両建ての使い方を徹底解説

「日経225(現物)」マイナススワップポイントがある

XMの日経225では、現物取引のみスワップポイントが発生します。
スワップポイントとは、ポジションに対して保有日数当たりで発生する金額です。

  • 日経225(現物)のスワップ目安
現物指数(英語) 現物指数(日本語) 買いスワップポイント 換算レート 売りスワップポイント 換算レート
JP225Cash NIKKEI225(日本) -1.48 -1.2円 -1.67 -1.7円

XMの日経225(現物)は、2020年4月だと1ロット当たりスワップポイントは上記の通りです。

ご覧の通り、1ロット当たりにマイナススワップポイントが発生します。
つまり、保有期間が長いとその分、ポジションの損益に計算されるという事です。

例えば、含み益が1,000円あれば、ポジションの保有期間一日で1.2円ずつ、1ロットに対して自動的に支払われます。

「日経225(現物)」配当金が貰える

日経225の現物取引では、マイナススワップがある反面「配当金」が貰えるといったメリットもあります。

こちらの配当金に関しては、配当金スケジュールがXM公式サイトで公表されています。

配当金日にポジションを持っていれば、利益として受け取る事が可能です。
ちなみに「○○日間持ち続ける」といった必要もなく、その時点でポジションを持っていればOKです。

「日経225(先物)」はスワップポイントが発生しない

日経225の先物取引については、スワップポイントが発生しません。
その代わりに「決済期日」があります。

つまり、決済期日までならいつエントリー(注文)して、いつ決済しても保有期間に関係なくスワップポイントが引かれる事はありません。

「日経225(先物)」は決済期日がある

日経225の先物取引は、決済期日があります。
これはXMに限らず、全ての先物取引は特性上、決済期日が必ず存在します。

なぜなら、先物取引とは「将来の売買価格を決める権利」への投資商品だからです。

分かりやすく説明すると、○○日に○○円で買うといった先払いの予約みたいな感じです。

例えば、ゲームソフトなど先行予約販売がイメージとしては近いです。
日経225の先物取引では、将来の価格を決める取引なので、決済期日(将来)が訪れたら自動的に決済される仕組みです。

ちなみに、決済期日まで待たずとも、期間内であれば売買は何度でも可能です。

XMでは、「JP225-JUN20」と表示されます。
これは、決済期日がJUN(6月)、20は西暦の下二桁なので2020年6月の決済期日となります。

決済期日を過ぎると、新しい日経225の先物取引が始まるので名前も変わります。

XMで日経225を取引する方法

XMで日経225を取引する流れ

  1. MT4の通貨ペアリストから「日経225(現物)」「日経225(先物)」を追加する
  2. 「日経225(現物)」「日経225(先物)」が一覧に表示される
  3. FXと同じ使い方で取引可能になる

XMの日経225を取引する方法を解説します。

MT4を例に、実際の操作画面で解説するので簡単にお分かり頂けます。

  • 「通貨ペアリスト」を開く

XMで日経225を取引する方法

  • MT4の上部メニュー「表示」→「通貨ペアリスト」をクリック

MT4の初期設定では「日経225(現物)」「日経225(先物)」が表示されません。
なので「通貨ペアリスト」から追加する作業が必須です。

  • 「通貨ペアリスト」から「日経225(現物)」「日経225(先物)」を表示する

XMで日経225を取引する方法

  • 「通貨ペアリスト」が表示されます。
  • 一覧から「日経225(現物)」「日経225(先物)」を選択後、「表示」をクリックします。
  • 「日経225(現物)」の場合

XMで日経225を取引する方法

「日経225(現物)」は、XMTrading→CFD Cash→JP225 Cashの順番です。

  • 「日経225(先物)」の場合

XMで日経225を取引する方法

「日経225(先物)」は、XMTrading→CFD Cash→JP225‐○○の順番です。

  • 「チャート表示」から「日経225(現物)」を追加する

XMで日経225を取引する方法

  • MT4の上部メニュー「チャート表示」をクリック
  • 「CFD Cash」から「JP225Cash」をクリック
  • 「チャート表示」から「日経225(現物)」を追加する

XMで日経225を取引する方法

  • MT4の上部メニュー「チャート表示」をクリック
  • 「CFD Cash」から「JP225-○○」をクリック
  • XMの日経225はコレで準備完了

XMで日経225を取引する方法

  • クイック注文
  • ストップロス・テイクプロフィット注文
  • 各種テクニカルツールでチャート分析

▷【初心者向け】XMのMT4(メタトレーダー4)マニュアル。導入から基本操作まで。

XMの日経225で稼ぐポイント!知っておきたい特性

ここまで、XMで「日経225の取引方法・取引ルール」をお伝えしました。
しかし、取引で稼げるかどうかは別問題です。

そこで、XMで初めて日経225を取引する方向けに、稼ぐ為に必須な「日経225の特性」をまとめました。

そもそも日経225とは何か?

日経225とは、日本の株式市場において影響力のある「東証第一上場銘柄から選ばれた225銘柄」を平均した株価指数です。

ようするに、日本の経済を見るのに大きな目安となる重要な指数です。

例えば、食品関係だと「味の素」や「ニチレイ」誰でもスーパーマーケットで見かけるようなビックネームで構成されています。

つまり、日経225は文字通り日本の経済を代表する株式会社の225銘柄から成り立っています。(構成銘柄は変動します)
日経225の呼び名も合わせて覚えておくと良いです。

日経225 日経平均株価 JP225 NIKKEI225

ちなみにXMでは「JP225」と表記されています。JP225Cashが日経225の現物で、JP225-JUN20が先物です。

先物は決済期日があるので・・・

ちょっと専門的な話をします。
日経225の先物には「決済期日がある」とお伝えしました。これは、チャートを分析する時に意外と重要なヒントだったりします。

なぜなら、決済期日=必ずその日までに決済注文があると言えるからです。

例えば、日経225の先物相場が長らく価格を下げていたとします。
言い換えると、長らく売られているとも言えます。

これが仮に「空売り」で大量に売られているとしたら、利益を得るためには決済期日までに「決済買い」が必要です。

なので、決済期日が迫ると買い注文が入りやすい環境になる可能性があります。

こういった考え方を持つと取引のヒントが得られやすいです。(もちろん必ずではありませんが)

XM日経225についてのまとめ

今回は「【200倍】XMの日経225を取引する方法!利益を上げるポイントも。」のテーマでした。

この記事をまとめると

  • XMだと日経225をレバレッジ200倍で取引できる
  • 日経225には先物と現物がある
  • 日経225は日本経済の代表!先物の特性を理解すると◎

つまり「XMで日経225は取引でき、レバレッジも有利なので活用すべき」といった内容でした。

私自身も、日経225を取引するならXM推しです。
例えば、国内だと大きくても30倍のレバレッジなので、XMの方が断然有利です。

1ロット100円未満から取引でき、実はFXよりも敷居が低いです。
ドル円など、代表的な通貨ペアを触るなら一緒に日経225も扱えると勉強になります。

今なら3000円の取引ボーナスがもらえる

最短5分!XMの口座開設はこちら

 

XMの口座開設方法はこちら

-XM 取引

© 2020 海外FXのハンドブック