XM プラットフォーム

【初心者向け】XMウェブトレーダーの使い方を解説。

【初心者向け】XMウェブトレーダーの使い方を解説。

今回はXMウェブトレーダーの使い方を解説します。

XMウェブトレーダーを使いこなせれば、インストール不要で快適なトレード環境が構築可能です。

インストール版のMT4・MT5より、動作も軽く。低スペックパソコンでも割と快適に動きます。

今なら3000円の取引ボーナスがもらえる

最短5分!XMの口座開設はこちら

XMウェブトレーダーを使うには?

XMウェブトレーダーは、ブラウザから起動できます。
GoogleChromeやMicrosoftEdge、定番のブラウザなら快適に使用可能です。

  • XM公式へログインする

XMウェブトレーダーを使うには?

XMウェブトレーダーを使うには、会員ページへログインが必要です。
どの取引口座番号でも良いので、ログインしましょう。

▷XM会員ページ

  • 「プラットフォーム」をクリック

XMウェブトレーダーを使うには?

会員ページにログイン後、上部メニューからプラットフォームをクリックします。

  • ウェブトレーダーを選択

XMウェブトレーダーを使うには?

XMでは、MT4とMT5の両方でウェブトレーダーを利用できます。

  • MT4口座で取引→MT4ウェブトレーダー
  • MT5口座で取引→MT5 WebTrader

それぞれ、取引口座に合わせてクリックしましょう。
※今回はMT4口座で解説します。

  • MT4ウェブトレーダーを起動する

XMウェブトレーダーを使うには?

MT4ウェブトレーダーをクリックすると、詳細ページが開かれます。
「MT4ウェブトレーダーへアクセス」と書かれた赤色ボタンを押すと起動します。

  • MT4口座でログインする

XMウェブトレーダーを使うには?

最初に取引口座へログインする画面が表示されます。
(基本的には全ての使い方がMT4インストール版と同じです。)

ポイント

ブラウザのお気に入り(ブックマーク)に登録しておくと便利です。
次回から直接XMウェブトレーダーにアクセスできます。

  • XMウェブトレーダーで快適に取引

XMウェブトレーダーを使うには?

インストール版のMT4を使った経験があれば、簡単に使いこなせると思います。
初めてMT4を使う方向けの解説も後ほどします。

XMウェブトレーダーの基本操作

XMウェブトレーダーの基本操作を解説します。

  • MT4ウェブトレーダー
  • MT5ウェブトレーダー

基本的な使い方は両方とも同じです。
インストール版と比較して、簡易的な機能しかありません。
しかし、逆を言えば最低限の機能で構成されており、ウェブトレーダーは使いやすいです。

  • 通貨ペアを全表示する方法

XMウェブトレーダーの基本操作

  • 初回起動時の右側「気配値一覧」で右クリック
  • メニューから「すべて表示」をクリック

XMは、取引できる投資商品が多いです。
もちろん、ウェブトレーダーから全て取引できます。

  • 取引したい通貨ペアのチャートを表示する

XMウェブトレーダーの基本操作

  • 「気配値一覧」をクリック
  • 「通貨ペア」を右クリック
  • 「チャート表示」をクリック

XMウェブトレーダーからでも、チャートは全銘柄の表示ができます。
取引したい銘柄(通貨ペア・CFD・指数など)を右クリック→チャート表示です。

  • もし、気配値を閉じてしまったら

XMウェブトレーダーの基本操作

XMウェブトレーダーは初回起動で自動的に「気配値一覧」が表示されています。
とは言え、ずっと表示させているのも邪魔です。

閉じてしまったら、必要な時に上部メニュー「表示」→「気配値表示」で再表示できます。

  • インジケーターをチャートに表示する

XMウェブトレーダーの基本操作

  • 上部メニュー「挿入」をクリック
  • 「インディケータ」をクリック
  • 表示したいインジケーターをクリックで追加

XMウェブトレーダーでは、インストール版と同じく全30種類のインジケーターが搭載されています。

ほとんどのインジケーターは網羅しており、ウェブトレーダーでも物足りなさはありません。

▷【多機能】XMで使えるインジケーター全30種類。初心者はどれを使うべき?

XMウェブトレーダーのメリット・デメリット

XMウェブトレーダーを使うメリット・デメリットを解説します。
アナタのトレードスタイルに合わせて考えてみましょう。

XMウェブトレーダーで十分快適に取引できる場合や、インストール版の方が実力を発揮出来る可能性があるからです。

XMウェブトレーダーのメリット

  • とにかく手軽にトレードできる
  • 必要最低限の機能が整っている
  • シンプルで使いやすい

XMウェブトレーダーのメリットは「手軽に取引できる」です。
取引をするのに十分な機能を揃えており、シンプルで使いやすいと思います。

例えば、インストール版は多機能かつ無料が特徴です。
しかし、逆に考えると「使わない機能」も割と多いと言えます。

ボタンが多いと、初心者は特に使いたい機能はどこを押せば良いか迷います。
XMウェブトレーダーは、レイアウトも分かりやすく初心者はとりあえず使ってみて間違いないです。

XMウェブトレーダーのデメリット

  • カスタマイズ性がない
  • チャートが小さい
  • 設定がリセットされる

XMウェブトレーダーは言ってしまえば「簡易版」。
カスタマイズ性や、好みの使い勝手に変更することが出来ません。

例えば、インストール版では好きなサイズにチャートを表示可能です。
また、複数のチャートを同時表示出来ますがウェブトレーダーではできません。

インジケーターや、通貨ペアの設定をしてもブラウザの履歴にしか残せません。
つまり、履歴を削除すると同時に設定も消えてしまいます。

あくまで簡易版なので、不便さは確かにあります。

まとめ

今回は「【初心者向け】XMウェブトレーダーの使い方を解説。」のテーマでした。

この記事をまとめると

  • XMウェブトレーダーはインストール不要
  • XM公式から簡単にアクセスできる
  • XMウェブトレーダーは簡易版。手軽さがメリット。

個人的には、今後ブラウザタイプの取引ツールが主流になると思っています。
各社で独自のブラウザ版ツールをリリースする機会も増えてきました。

開発元のクォーツ社は、定期的にメタトレーダーの機能改善もしており、アップデート内容によっては「インストール版と同等」のレベルになるかも知れません。

今後の進化にも期待です。

今なら3000円の取引ボーナスがもらえる

最短5分!XMの口座開設はこちら

 

XMの口座開設方法はこちら

-XM プラットフォーム

© 2020 海外FXのハンドブック