Exness

Exnessの口座タイプはどれを選ぶべき?アナタに向いているのはコレ。

2020年10月31日

Exnessの口座タイプはどれを選ぶべき?アナタに向いているのはコレ。

海外FX業者のExnessが無制限レバレッジで話題です。
とは言え、最初にどの口座タイプを使ってみよう?と悩むはず。

今回はExnessの全口座タイプを一挙解説。

Exnessは口座タイプによって、向いているトレードスタイルがあります。
「アナタにとって最適の口座タイプ」が分かるようにまとめました。

レバレッジ無制限

Exnessの口座開設はこちら

Exnessの口座タイプは4種類

  • Exnessの口座タイプ
口座タイプ スタンダード口座 プロ口座 ロースプレッド口座 ゼロ口座
最大レバレッジ 最大2000倍/無制限
最大ポジション 無制限
最大ロット
口座方式 NDD(STP方式) NDD(ECN方式)
最小スプレッド 0.3pips~ 0.1pips~ 0pips~
最低入金額 1ドル 1000ドル
取引手数料 無料 最大3.5ドル 3.5ドル~

Exnessの口座タイプは4つあります。
他にも口座タイプはありますが、日本から利用できる口座タイプが4つです。

全口座タイプが最大2000倍と、条件達成で無制限レバレッジが使えます。

一見、共通点が多いので「どの口座タイプでも変わらない?」と思いますが、まったく別の特徴があります。

Exnessの各口座タイプの特徴とは?

口座タイプ別に特徴をまとめました。
特徴を知ることで、アナタのトレードに合った口座を見つけられます。

例えば、自動売買向けの口座で裁量トレードをすると、無駄に手数料を支払うのでコスパが悪いケースも。

最適な口座タイプ選びで、年間の収支が変わると言っても良いでしょう。

スタンダード口座

スタンダード口座に向いている人

スタンダード口座初期コストを抑えて「Exnessを試してみたい人」向け

スタンダード口座の特徴は初回入金額の安さです。
1ドルから取引口座に入金できるので、初期コストを抑えれます。

とは言え、デメリットは「初期コストだけが安い」という点です。
初回入金を終えれば、後のコストはプロ口座の方が安くなります。

例えば、スプレッドは同じ取引手数料無料のプロ口座なら、半分程度で取引可能です。

継続的に使うかを判断したい!とりあえず無制限レバレッジを体感したい人にオススメになります。

Exnessのスタンダード口座について詳細はコチラの記事を。

▷【初心者向け】Exnessのスタンダード口座とは?使うべき?【他社口座と比較】

プロ口座

プロ口座に向いている人

プロ口座少額資金でトレードする人、本格的にトレードをしたい人向け。

私的なオススメとしてはプロ口座。
取引手数料が無料かつ、割と低スプレッドな口座タイプです。

最大の特徴は、低スプレッドになります。
もちろん、ロースプレッド・ゼロ口座に劣りますが、取引手数料が無料です。

しかし、初回入金額がスタンダード口座や他社口座より高い1000ドル(約10万円)に設定されています。

初回入金を済ませば、後のコスト面はスタンダード口座より安いです。
なので、初期投資を惜しまないプロ志向、低スプレッドも欲しい少額資金トレーダーにオススメになります。

プロ口座の詳細はコチラ。

▷【少額FX】Exnessのプロ口座が10万円以下の資金にオススメな理由とは?

ロースプレッド口座

ロースプレッド口座がオススメな人

ロースプレッド口座毎年、FXの利益で確定申告をする兼業・専業トレーダー向け

最大3.5ドルの取引手数料があり、低スプレッドで取引できるのがロースプレッド口座です。

スタンダード・プロ口座と比較して、取引手数料が気になります。
しかし、取引手数料以上に低いスプレッドを提供しているのは魅力です。

特に「1ロット当たり最大3.5ドル」がポイント。
他社では、1ロット当たり固定で5ドルといったケースもあります。

取引する銘柄によっては、安い手数料、あるいは株式に関しては無料です。

また、取引手数料に関しては確定申告時に「経費」として節税効果が期待できます。
海外FX口座を使うトレーダーにとって、少しでもコスパ良く税金を納めたい思いはあるはず。

専業トレーダーには、迷わずオススメしたいのがロースプレッド口座です。

ロースプレッド口座の詳細はコチラ。

▷Exnessのロースプレッド口座とは?特徴と使い道を徹底解説!

ゼロ口座

ゼロ口座がオススメな人

ゼロ口座自動売買を本格的に運用している。特に、超短期の取引が多い人。

Exnessで最もスプレッドが狭いのがゼロ口座の特徴です。
とは言え、最も高い取引手数料が発生するのもゼロ口座の特徴になります。

取引手数料は1ロット当たり3.5ドルから、下限が3.5ドルで通貨ペアや銘柄に応じて、個別の取引手数料です。

しかし、重要なのは国内外のFX業者と比較しても、スプレッドは相当狭い事。

自動売買と相性が良いのは、基本的に取引する(自動売買する)通貨ペア・銘柄を固定するからです。

同じ通貨ペアなら、取引手数料の違いを気にすることなく、一定のコストで計算できます。
自動売買の年間収支をまとめやすく、ゼロ口座は重宝するでしょう。

ゼロ口座の詳細は以下の記事をどうぞ。

▷Exnessのゼロ口座は使える?特徴や他社口座との比較。

Exnessのスプレッドは口座タイプでどれほど違う?

  • 各口座タイプのスプレッド目安 【一部のみ】
通貨ペア/口座タイプ スタンダード口座 プロ口座 ロースプレッド口座 ゼロ口座
USDJPY 1.1pips 0.7pips 0pips 0.1pips
GBPJPY 2.0pips 1.2pips 0.5pips 0pips
EURUSD 1.0pips 0.6pips 0pips 0pips
EURJPY 1.9pips 1.1pips 0.4pips 0.1pips
AUDUSD 1.5pips 1.0pips 0.3pips 0pips
EURGBP 1.6pips 1.0pips 0.4pips 0pips

Exnessのスプレッドに関しては、口座タイプによって分かりやすく変わります。

上記は、メジャーな通貨ペアの平均スプレッドです。

例えば、ドル円に関していえばスタンダード口座が1.1pips、ロースプレッド口座やゼロ口座とはまったく別の数字です。

以下の記事で口座タイプによるスプレッド比較をまとめました。
取引したい通貨ペアが決まっていれば、一番安いスプレッドの口座タイプを選ぶのも良いでしょう。

▷【実測】Exnessの平均スプレッドを調査!全通貨ペア・全口座タイプ一覧。

Exnessの通貨ペア・銘柄は口座タイプで違う

  • 口座タイプ別 取扱銘柄の一覧表
口座タイプ スタンダード口座 プロ口座 ロースプレッド口座 ゼロ口座
通貨ペア 127種類 82種類 79種類
貴金属 11種類 10種類
エネルギー 2種類
株価指数 取り扱い無し 13種類 9種類
株式 31種類
仮想通貨 7種類 8種類

Exnessでは口座タイプによる、取扱通貨ペア・銘柄に違いがあります。
通貨ペアに関しては、基本的には他社より多いので問題にはなりません。

しかし、株価指数に関しては別です。

スタンダード口座のみ、株価指数の取扱がないので「割と株価指数も取引する」と言った人は他の口座タイプを選ぶ必要があります。

Exness全口座タイプの共通点とは

全口座タイプの共通点

  • レバレッジ制限ルール
  • ロスカット水準
  • スワップ付与の計算

ここまで、Exnessの口座タイプをそれぞれ解説しました。
次に、全口座タイプの共通点について解説をします。

共通点は上記の3つです。
レバレッジやロスカット水準は、口座タイプによって異なるのが一般的ですが、Exnessは統一されています。

重要な取引ルールを統一する事で、Exnessはキレイに口座タイプ別の特徴やメリットを受けられている印象です。

例えば、他社だと低スプレッド口座を使うには、レバレッジが他より低くなるといったケースがあります。

全口座タイプ共通のレバレッジ制限ルール

Exnessのレバレッジ制限は、全口座タイプ共通です。
レバレッジ制限は、2万円以上から発生します。

2万円からのレバレッジ制限は、高いレバレッジを提供する海外FX業者では標準的です。

しかし、Exnessの場合は無制限レバレッジが使えると話が変わります。
無制限レバレッジは、条件を満たした場合だと10万円以下の証拠金に対して有効です。

つまり、10万円以下の証拠金で使うならExnessが他社より圧倒的にレバレッジが優れています。

全口座タイプ共通の「ロスカット水準」

意外と気づかないとがExnessのロスカット水準。
無制限レバレッジの印象が強いですが、Exnessのロスカット水準は「証拠金維持率0%」です。

つまり、高いレバレッジだけどロスカット水準が近すぎる問題をクリアしています。

例えば、最大3000倍のレバレッジでも、ロスカット水準が証拠金維持率50%のFX口座など。レバレッジが高くても、強制決済が早くて実用性がありません。

しかし、Exnessのロスカット水準は証拠金維持率0%。
持っている資金をギリギリまで使い切る事ができます。

マージンコールについても実装しており、証拠金維持率30%いかで「証拠金維持率が低下している通知(マージンコール)」です。

まとめると、高いレバレッジだけでなく、実用面もキチンと整っているのがExnessと言えるでしょう。

注意

スタンダード口座のみ証拠金維持率60%でマージンコールになります。

スワップポイントは全口座タイプ共通

Exnessのスワップポイントは全口座タイプ共通です。
口座タイプによって、高いスワップを支払うといった問題がありません。

また、3日分のスワップに関しても全口座タイプ共通で「木曜日の朝7時(サマータイムは朝6時)」に付与されます。

Exnessのスワップポイントについて、以下の記事で一覧表を用意しました。

▷【徹底解説】Exnessのスワップまとめ!一覧表・アービトラージまで教えます。

まとめ

今回は「Exnessの口座タイプはどれを選ぶべき?アナタに向いているのはコレ。」のテーマでした。

Exnessの口座タイプは4つ、レバレッジなどの共通点は多いです。

しかし、スプレッドや取引手数料によって理想的な使い方が分かれます。
裁量トレードなのか、自動売買が中心なのか口座タイプ選びも重要です。

ぜひ、最適な口座タイプでExnessを快適に使ってみてください。

レバレッジ無制限

Exnessの口座開設はこちら

 

Exnessの口座開設方法はこちら

-Exness

© 2020 海外FXのハンドブック