FBS

【FBS(エフビーエス)】Trade 100 Bonusは意味がない→コスパが良いのはコレ

【FBS(エフビーエス)】Trade 100 Bonusは意味がない→コスパが良いのはコレ

FBSの「Trade 100 Bonus」は、いわゆる口座開設ボーナスです。
未入金で100ドル、約1万円分のクレジットが貰えます。

海外FX業者では同じみの、仮想資金のクレジットは稼いだ利益が出金できるといったものです。

とは言え、結論から言うと「Trade 100 Bonusはコスパが悪いので非推奨」。
受け取らず、他のボーナスを使う方が結局はコスパが良いです。

今回は、FBSのTrade 100 Bonusについて解説します。

FBSのTrade 100 Bonusとは?

FBSのTrade 100 Bonusの概要

  • 専用フォームで口座開設
  • 未入金で1万円分のクレジットが貰える
  • 取引で稼ぐと上限1万円が出金可能

FBSのTrade 100 Bonusは、専用ページで口座開設が必要です。
専用の口座が作成され、未入金で100ドル、1万円相当のクレジットが付与されます。

クレジットを使って、稼いだ金額を上限1万円として出金できるボーナス内容です。

ようするに、ゼロリスクで1万円をFXで稼げるチャンスをゲットできます。
出金の上限があるものの、デモ口座と違い「現金で出金できる」のがメリットです。

とは言え、冒頭でお伝えした通りコスパが悪い。
理由は「Trade 100 Bonusの厳しすぎる取引ルール」です。

FBSのTrade 100 Bonusはコスパが悪い理由

Trade 100 Bonusの取引ルール

【レバレッジ】最大100倍
【最大発注量】1ロット
【最大ポジション数】5つ
【口座の有効期限】30日間
【期間内の最低取引数量】5ロット

FBSの口座を作る理由は、やっぱり最大3000倍レバレッジです。
しかし、Trade 100 Bonusの口座では3000倍→100倍にレバレッジ制限があります。

100倍のレバレッジでは物足りない上、注文できるのは0.01ロット刻みです。
最大ロットが0.05ロットとレバレッジを効かせられません。

この時点でTrade 100 Bonusはコスパが悪い。

極めつけは出金ルールです。
Trade 100 Bonusの利益が出金できるのは、1回のトレードで10pips以上の利益のみ。

ようするに、30日間で10pips以上の利益で稼ぎ続ける必要があります。
私自身も挑戦しましたが、30ドル程度しか稼げず難易度が高すぎると感じました。

普通に3000倍レバレッジが使える、スタンダード口座や、セント口座を使ったほうが楽です。

FBSのボーナスは
「ロイヤルティプログラム」を使うべき

FBSのTrade 100 Bonusはコスパが悪いとお伝えしました。
では、FBSをお得に使う解決策をお伝えします。

リアル口座開設をしたら、すぐに「ロイヤルティプログラム」に申し込みましょう。

ロイヤルティプログラムは、FBSで取引するだけで特典が貰えるボーナスです。
他社だと、長期間使わないと還元率が悪いイメージがあります。

とは言え、FBSのロイヤルティプログラムは初期ランクから現金化が可能。
しかも、還元率は初期ランク→最大ランクと一緒です。

以下の記事で、ロイヤルティプログラムを徹底解説しています。

▷豪華景品が貰えるFBSの「ロイヤルティプログラム」とは?

ちなみに、現金化の交換が一律のレートだから長く使うメリットがないか?は違います。

他の特典が、ランク毎に追加されます。
無料でサービスが付与、交換景品がグレードアップするといった感じです。

最も豪華な景品では、ロレックスやメルセデス・ベンツなどがあります。
他社とは比較できないレベルに豪華です。

そして、ロイヤルティプログラムは申し込んだ時点で取引がカウントされます。
Trade 100 Bonusを使うより、リアル口座を開設→即ロイヤルティプログラム申し込み。

FBSのコスパを最大化する方法はこれです。

FBSのTrade 100 Bonusを成功させるには?

FBSのTrade 100 Bonusで稼ぐのは難しいです。
とは言え、参加するデメリット自体はありません。

「FBSでFXの腕試しが目的」なら、挑戦するのもアリ。
ここでは、現実的にFBSのTrade 100 Bonusを成功させる方法を考えてみましょう。

結論から言うと、以下のルールで取引するのが無難です。
①1回のトレードは、0.05ロットを必ず注文する
②利益は10pips以上を狙う
③デイトレードベースで考える

スキャルピングの方、Trade 100 Bonusで必要な30回の取引回数は稼げますが、10pipsの利益が必須なので難易度が上がります。

そのため、デイトレードベースで取引するのが良いでしょう。

また、3ロットの取引数量を満たすルールがネックです。
最大ポジションの0.05ロットを連投しなければ、おそらく難しいと思います。

実体験として、私自身がスイングトレード好きなので満たせなかった基準です。
短期売買が得意なトレーダーは、Trade 100 Bonusに向いています。

まとめ

今回は、「【FBS(エフビーエス)】Trade 100 Bonusは意味がない→コスパが良いのはコレ」のテーマでした。

Trade 100 Bonusはコスパが悪く、他のボーナスを使うべきといった感じです。

口座開設のボーナスはFBSの弱点だと思います。
なので、FBSが日本で知名度が低いのでしょうか?

個人的には、世界規模で有名なFX業者なので私と同じFBSユーザーが増えると嬉しいです。

利用者の48%が勝ち組トレーダーなFBSで快適にトレードしましょう。

 

FBSの口座開設方法はこちら

-FBS

© 2020 海外FXのハンドブック