FXの基礎知識

ATRとは?基礎からFXで使える手法まで徹底解説

fx-atr-title

ATRは、価格の動きに翻弄されやすい初心者トレーダーにオススメのインジケーターです。

例えばFXでは、通貨ペアに応じてボラティリティ(価格変動幅)が大きく異なります。

ATRは、通貨ペア・銘柄に応じたボラティリティを分かりやすく計測できるツール。
他のインジケーターや手法と組み合わせることで、より分析・取引の精度を上げられるでしょう。

注意

本記事は、現役トレーダーによる考察を掲載しています。あくまで個人的な意見・見解であるため、投資助言等を目的としていません。FXをはじめ、投資・投機は余裕資金かつ自己判断で行いましょう。




ATR(Average True Range)とは?

ATR(Average True Range)とは、価格のボラティリティから買われ過ぎ、売られ過ぎを判断するテクニカルツールです。

買われ過ぎ・売られ過ぎを判断しますから、いわゆるオシレーターの一種と言えるでしょう。

ATRは、PivotやParabolic SARの開発者でもあるJ・W・ワイルダーによって考案されました。
先物取引がベースですが、FXにおいてATRを始め、Pivotも海外トレーダーの間では広く活用されています。


ATR(Average True Range)の計算式

ATR(Average True Range)を日本語に翻訳すると「真の変動幅」となります。
名前の通り、ATRの計算式は、価格差を軸に使っており、価格変動場幅(ボラティリティ)を算出できる仕組みです。

  • 当日高値と当日安値の差
  • 当日高値と前日終値の差
  • 当日安値と前日終値の差

具体的に、ATRの計算式は上記3つで構成されてます。

それぞれの価格差の中から、最も大きい変動幅をピックアップし、期間内の平均値を出したのがATRの正体。
単純な引き算ですが、単純であることが重要です。

銘柄の純粋な価格変動から算出することで、先物取引発祥ながらATRがFXでも有用性があります。

例えば、Aという商品にのみ作用する特殊な数字が組み込まれていれば、他の商品で応用が効きません。

ATRは、ドル円ならドル円の価格変動から算出しますから、FXを始め、FX業者で取り扱う貴金属や株価指数にも応用可能です。




【初心者向け】ATRのMT4・MT5で表示するには?

ここでは、初心者向けに、取引ツールMT4・MT5でATR(Average True Range)を表示する方法を解説します。

本記事では、MT5の操作画面を使って解説しますが、MT4およびWebTraderも同様の手順です。


【PC版】MT4・MT5でATRを表示する方法

ATRの表示手順①

PC版のMT4・MT5でATRを表示するには、上部メニューの「挿入」をクリックしましょう。

 

ATRの表示手順②

インディケータ」→「オシレーター」の順にカーソルを移動させるとオシレーター系のインジケーターが表示されます。

一覧から「Average True Range」をクリックしましょう。

ATRの表示手順③

ATR(Average True Range)の設定画面が表示されます。

ATRの期間設定は、考案者であるJ・W・ワイルダー氏によって14期間が推奨されていますから、基本は14期間のデフォルト設定で問題ありません。

また、色や1時間足など特定の時間軸にのみ表示したい場合もあると思います。

色や線の太さは「パラメーター」→「スタイル」から変更可能です。
設定が完了しましたら「OK」をクリックします。

ATRの表示手順④

チャート画面にATR(Average True Range)が表示されます。

こちらの画像の様に表示されていればOKです。

【スマホ版】MT4・MT5でATRを表示する方法

スマホでATRを表示①

スマホ版のMT4・MT5でATRを表示するには、赤丸部分のアイコンをタップします。

スマホでATRを表示②

インディケータ」のメニューが表示されます。

メインウィンドウ」の横にある+アイコンをタップしましょう。

スマホでATRを表示③

インジケーターの一覧が表示されます。

オシレーター」の中から「Average True Range」をタップしましょう。

スマホでATRを表示④

ATRの設定画面が表示されます。デフォルトの数値設定でも特に問題はありません。

ATRの見た目、色や線の太さを変更したい場合は、スタイルから設定できます。

PC版と違い、スタイルをタップしてからでなければ、線の太さ等は変えられません。

最後に右上の「完了」をタップしましょう。

スマホでATRを表示⑤

ATR(Average True Range)がチャートに表示されました。

スマホ版のMT4・MT5では、チャート別にインジケーターの表示設定はありません。

ATR(Average True Range)を一旦表示すると、非表示設定にしない限り、全てのチャートに表示されます。




ATRの基本的な見方

ATRの基本的な見方を解説します。

ATRの見た目は、同じオシレーターであるRSIやCCIとほとんど差はありません。

しかし、ATRの計算式で触れた様に、かなりシンプルな構成が特徴です。

単純なシグナルというよりは、ATRの変動から「トレンドの発生」や「トレンドの勢い」を視覚的に見やすくするといった働きがあります。

ATRの見方

ATRは、計算式に組み込まれる値を元に、価格の変動幅を示しています。

したがって、ATRが示すのは、文字通り「純粋なボラティリティ」です。
ATRが増加したことで間違いなく言えるのは、価格が大きく動いたこと。

一方で、チャートや他のテクニカルツールからトレンド転換や、押し目パターンが一緒に確認できれば、優位性があると判断できます。

つまり、ATRは、純粋に価格変動だけを示すため、他の判断材料が必須です。

  • 【ATRが上昇・転換チャートパターンを形成】新しいトレンドが発生し、力強いトレンド初動が起きた
  • 【ATRが下降・三角持ち合い】レンジ相場へ移行した可能性が高い
  • 【ATRの動きが少ない・高値圏で価格が推移】天井圏としてレートが意識されている可能性が高い

例えば、ATRと他の情報(値動き・パターン・インジケーターなど)と組み合わせると、上記の様な考え方ができます。

ATRは、他のテクニカルと一緒に使用するのがオススメです。




ATRを使ったシンプルFX手法

ATRは、前述した通りに他のインジケーターやテクニカルと一緒に使うと効果的です。

したがって、ATRを手法に取り入れる時は、他のシグナルと組み合わせると良いでしょう。
ここでは、ATRを使ったシンプルなFX手法をご紹介します。


ATRとRSIを使ったシンプルFX手法

ATRとRSI(相対力指数)を使ったシンプルFX手法を解説します。

両方とも同じオシレーター系に分類されるインジケーターです。

ATRとRSIの見た目は非常に似ているものの、RSIが主にシグナルとして機能するのに対し、環境認識としての役割が強いATRの組み合わせは相性に優れています。

  • ATR(Average True Range)】トレンドの勢いや押し目としての整合性を見る
  • RSI(Relative Strength Index)】トレンドの発生や売買判断の基準に使う

具体的に、ATRとRSIを使ったシンプルFX手法では、それぞれ上記の役割をするのが基本的な考え方です。

大前提として、RSIの使い方を理解している必要があります。

ATRとRSIを使ったシンプル手法

ドル円チャートを使って解説すると、まず注目すべきは「現在のトレンド」です。
例えば、上記のドル円チャートでは、下降トレンドに対し、ATRのボラティリティは頭打ちが見られています。

3度見られた頭打ちに対し、高値と安値の更新幅は小さいです。

つまり、下降トレンドを形成するも、実際には下降トレンドの勢いは弱くなっています。

一方で、RSIが30%を下回り、「売られ過ぎ」→「買いシグナル」を起こしました。
トレンド転換が起きる可能性を考え、次の押し目で買いエントリーです。

ATRとRSIで分析する

エントリー判断は、RSIがトレンド転換を示した後、ATRの動きを見て行います。
こちらのドル円チャートでは、赤丸の価格でRSI30%以下、青丸の地点で買いエントリーです。

  • 最初にRSI30%以下(赤丸)となった時、ATRは底打ちを見せた
  • その後、ATRは再度同じ水準になるも、RSIは30%以上で推移

上記の展開が見えており、ATRの示すボラティリティが底打ちを下にも関わらず、安値を切り上げる展開をRSIが見せているのが重要です。

利確水準は逆の考え方

次に利益確定の水準を考えましょう。RSIとATRの両方が頭打ちになった時に利益確定を考えます。

エントリー時とは逆転の発想で、ATRによるボラティリティの減少と、RSIのシグナルから判断可能です。

上記のドル円チャートのトレンドを追うと、上昇トレンドの高値、ATR低下、RSI70%以上で買われ過ぎが重なります。

その後、急落が起きていますから、利益確定水準としては理想的です。

ATRとRSIで理想の取引

さて、ATRとRSIのシンプルFX手法を解説しました。まとめると、損切りをトレンド起点と考えた安値付近にすると約20pips、利益確定は約190pipsです。

リスクリワードは1:9以上とかなり優秀になります。

最初は少し難しく考えてしまいますが、取引経験を積むごとに早く判断できるようになるでしょう。

基本的に見ているのは、値動きとATR・RSIだけなのでシンプルです。RSIだけで売買判断をするより、ATRを加えることで精度を上げられます。

ATRとは? まとめ

今回は「ATRとは?基礎からFXで使える手法まで徹底解説」のテーマでした。

ATRは、価格のボラティリティを分析する手段として有効です。

初心者のうちは、ボラティリティの重要性に気づけないケースはほとんどでしょう。

とは言え、FXでは値幅こそ利益の元、ボラティリティが大きいときこそFXのうま味があります。
ATRは、他の手法と組み合わせて使うことで、同じ手法でも成績が大きく変わるでしょう。

 

fx-saucer-bottom-title
【徹底解説】ソーサーボトム・トップでトレンド転換を狙え!基礎~実践

もし、トレンド転換を高確率で予想できる方法があるとしたら? おそらく、FXトレードでは爆益を生むでしょう。 今回は、トレンド転換のチャートパターンの内、かなり優位性の高い「ソーサーボトム」について解説 ...

続きを見る

-FXの基礎知識

© 2021 海外FXのハンドブック