XM 知識

【5分で完了】XMで閲覧専用パスワードを発行する手順を解説。

【5分で完了】XMで閲覧専用パスワードを発行する手順を解説。

今回は、XMで閲覧専用パスワードを発行する手順を解説します。
手順としては、簡単で5分もあれば終わります。

XMの閲覧専用パスワードは、取引や資金の操作は出来ないが取引履歴やポジション状況が確認できるものです。

  • 読み取り専用パスワード
  • インベスターパスワード

これらも、同じ閲覧専用パスワードの事を言っています。
「外部のサービス」を利用する際に使い、myfxbookなど取引履歴を公開して分析をするのに使うのが一般的です。

今なら3000円の取引ボーナスがもらえる

最短5分!XMの口座開設はこちら

XMで閲覧専用パスワードを発行する手順

XMの会員ページから閲覧専用パスワードを発行してみましょう。

  • XM会員ページにログインする

XM会員ページにログインする

XM会員ページにログインしましょう。
どの取引口座でもOKです。(後で選択画面があります)

  • 「口座」をクリックする

「口座」をクリックする

XM会員ページにログイン後、右上の「口座」をクリックしましょう。
詳細欄が表示されるので「パスワード変更」をクリックして進みます。

ログイン中の口座に対してパスワード設定されます。
他の口座の閲覧専用パスワードを発行したい場合は、口座一覧から選択しましょう。
※「取引口座をクリック」→「オプション選択」→「パスワード変更」です。

  • 読み取り専用パスワードを選択する

読み取り専用パスワードを選択する

閲覧専用パスワードを設定するので「読み取り専用パスワード」を選択しましょう。

  • 閲覧専用パスワードを設定する

閲覧専用パスワードを設定する

  • MT4orMT5パスワード→取引口座にログインする時のパスワードを入力します。
  • 新しい読み取り専用パスワード→設定したい閲覧専用パスワードを入力します。
  • 新しいパスワードの確認→設定したい閲覧専用パスワードを再度入力します。

上記を入力したら「送信」をクリックしましょう。

注意

パスワードは必ず、半角英数字の大文字・小文字・数字を混ぜて設定しましょう。

  • 閲覧専用パスワードのリクエスト完了

閲覧専用パスワードのリクエスト完了

こちらの画面が表示されれば、閲覧専用パスワードの申請完了です。
まだ、パスワードは設定できていません。

  • 閲覧専用パスワードの発行が完了

閲覧専用パスワードの発行が完了

XMの口座開設時に登録したアドレスへメールが届きます。
上記の内容が書いてあれば、閲覧専用パスワードの設定が完了です。

MT4から閲覧専用パスワードを設定する手順

MT4からも閲覧専用パスワードを発行できます。

  • オプションを開く

オプションを開く

MT4の上部メニューから、「ツール」→「オプション」をクリックしましょう。

  • 「サーバー」から閲覧専用パスワードを設定する

「サーバー」から閲覧専用パスワードを設定する

タブから「サーバー」をクリックして選びます。
パスワード変更をクリックして進みましょう。

  • 閲覧専用パスワードの設定画面へ

閲覧専用パスワードの設定画面へ

現在のパスワードとは、MT4のログインパスワードです。
新しいパスワード欄に、閲覧専用パスワードを入力しましょう。
※半角英数字の大文字・小文字・数字を混ぜましょう。

あとは「OK」をクリックすれば、閲覧専用パスワードの設定は完了です。

XM閲覧専用パスワードで「myfxbook」の設定手順

XMの閲覧専用パスワードの使い時は「myfxbook」に登録する時だと思います。

myfxbookとは、誰でも見れる「トレード日誌」みたいなものです。
自分のトレードを客観的に分析できるサービスになります。

ここからは、XM閲覧専用パスワードを使ってmyfxbookと連携させる手順を解説します。

  • myfxbookにアカウント登録をする

myfxbookにアカウント登録をする

myfxbookのアカウント作成が必要です。
面倒ですが、「クイックサインアップ」を使えば1分でアカウント作成完了します。

各項目を入力して「登録をお願いします!」をクリックすればOKです。

  • 登録完了はメールのリンクで行う

登録完了はメールのリンクで行う

クイックサインアップを行うと、登録したアドレス宛てに上記のメールが届きます。
リンクをクリックして、登録完了です。

登録完了はメールのリンクで行う

リンク先で、緑色のチェックマークが表示されていればOKです。

  • 初回ログインは「日本語化」する

初回ログインは「日本語化」する

myfxbookは初回ログイン時だと英語です。
サイトの一番下に小さく「English」と書かれており、これをクリックすると日本語が選べます。

※右上の「Sign up」からログインできます。

  • ポートフォリオからXMを同期させる

ポートフォリオからXMを同期させる

上部メニューのポートフォリオから「アカウント作成」をクリックしましょう。

ポートフォリオからXMを同期させる

初回では、もちろんポートフォリオがない状態です。
右下のアイコンをクリックしましょう。

  • 閲覧専用パスワードを含む、口座情報を登録

閲覧専用パスワードを含む、口座情報を登録

  • アカウント名→自由に設定できます。
  • ブローカー→「XM」と入力すると選択できます。
  • サーバー→XMで使っているサーバー名を入力しましょう。
  • AccountNumber→XMの取引口座番号を入力します(閲覧専用パスワードを作った口座)
  • 投資家のパスワード→こちらに設定したXMの閲覧専用パスワードを入力します。

上記の項目を入力して、「Create Acoount」をクリックすれば完了です。

まとめ

今回は「【5分で完了】XMで閲覧専用パスワードを発行する手順を解説。」のテーマでした。

XMの閲覧専用パスワードは、取引口座毎に設定するので少々面倒かもしれません。
とは言え、慣れてしまえば5分どころか、2~3分で設定可能です。

myfxbookのような、取引を分析するサービスを利用すると上達の近道になるので覚えておきましょう。

FXは1人でするので、どうしても客観性が欠けます。
取引実績を第三者に公開できる環境にすることで、真面目に取り組む緊張感が良いです。

今なら3000円の取引ボーナスがもらえる

最短5分!XMの口座開設はこちら

 

XMの口座開設方法はこちら

-XM 知識

© 2020 海外FXのハンドブック