FXの基礎知識

【超解説】「短期トレード」とは?FXで稼ぐ人と稼げない人のマインドセット

fx-short-term-trading-title

「短期トレードって、結局どんな期間の取引なの?」
FX初心者の頃、私自身も同じ疑問を抱いていました。

調べてみても、短期トレード=スキャルピングとか。
短期トレードは1~2日で完結する取引の事だとか割と定義が曖昧です。

自身のトレードスタイルが確立した今、意外とFXで稼ぐ上で短期トレードの考え方(マインドセット)が重だと気づきました。

今回は、「短期トレードとは?」をテーマにマインドセットをお届け。
短期トレードの考え方を知るだけで、無駄な損切りを減らせるといったメリットがあります。

注意

本記事は、現役トレーダーによる考察を掲載しています。あくまで個人的な意見・見解であるため、投資助言等を目的としていません。FXをはじめ、投資・投機は余裕資金かつ自己判断で行いましょう。




「短期トレード」とは?

冒頭でお伝えした通り、「短期トレードの定義は曖昧(あいまい)」です。
ただし、いわゆる不動産投資や、投資信託と比較して、FXの短期トレードは長くても1週間程度のスパンが短期トレードだと考えあられやすいです。

  • 1日に何回も取引する「スキャルピング」
  • 1日に1回取引する「デイトレード」
  • 1週間に1回取引する「スイングトレード」

上記3つのトレードスタイルを、全てひっくるめて「短期トレード」の認識で問題ありません。

ややこしいですが、具体的にスキャルピングは1日何回といった具体的な定義も存在しないので、特に気にしなくて大丈夫です。

例外と言えば、スキャルピングが禁止のFX業者を使う時。
スキャルピングをすれば、禁止行為になってしまいます。

したがって、FX業者側がスキャルピングと定義するのは、具体的にどのぐらいの頻度で取引する場合なのか?を確認するのは重要です。




【本質】短期トレードで重要なのは「時間を決める事」

短期トレードで重要なマインドセット

① 時間軸をマイルールとして決める
② 優位性のある相場で短期トレードを切り替える
③ ①と②をひたすら守る

短期トレードの定義は重要ではありません。
ただし、短期トレードの定義を自分で決めておくのは、FXで生き残るのに必須の考え方(マインドセット)と言えるでしょう。

なぜなら、短期トレードにおいて「時間軸を決める事」は、リスク管理や効率よく利益を上げるのに必要だからです。

例えば、「かなり考えてエントリーしたのに、気が付けば含み益に耐えて大負け」こんな経験はありませんか?
私はあります。

短期トレードの本質を理解し、時間軸を決めていないのが大損の原因です。

短期トレードに対する理解、時間軸を決める行為は「マイルール」の構築にも繋がります。
マイルールが重要なのは、かなり基本的な事なので以下の記事を読んで理解しておきましょう。

FXで稼いでいる人は、確実にマイルールを決めています。

fx-rule-making-title
【本質】FXはルール作りが必須!正しい決め方と誤解してる決め方。

FXは個人で稼ぐビジネスです。 後ろで怒鳴る上司もいなければ、間違いを正す母親もいません。 継続的にFXで勝ち残るには「マイルール」が必須になります。 つまり、自分の取引を自分で律するという事。 とは ...

続きを見る


短期トレードの時間軸を決めておこう

短期トレードの定義は曖昧ですが、自分自身で短期トレードの時間軸を決めるのは非常に重要です。
例えば、私であれば以下の通りに、スキャルピング~スイングまで時間軸を決めています。

【スキャルピング】1分~15分足
【デイトレード】30分足~4時間足
【スイングトレード】4時間足~週足

short-term-trading-2

注意点ですが、スキャルピングだからといって1分足~15分足以外は見ないのはNG。

なぜなら、相場の大きな流れは重要だからです。
1分足で上昇・1時間足が下降といった場合では、「1時間足の下降トレンドが重視されやすい」。

トレードを完結させる目安として、どの時間軸を中心に見ているか?が重要になります。

1分足で予想が外れたなら、1時間足はどうあれ損切り、短期トレードの時間軸を決めておくと、結果的に大損が避けやすいです。

ちなみに、様々な時間軸を見るスキルを「MTF分析」と言います。
以下の記事で分かりやすく解説してますので、時間がある時に読んで見てください。

【超重要】MTF分析(マルチタイムフレーム)を解説!FXで必須のスキル。
【超重要】MTF分析(マルチタイムフレーム)を解説!FXで必須のスキル。

今回は、FXで必ず覚えて欲しい「MTF分析(マルチタイムフレーム分析)」を解説します。 使っている手法が全然勝てない チャートパターンでエントリーしても勝てない 思った方向と逆に相場が動く FX初心者 ...

続きを見る


優位性のある相場で短期トレードを切り替える

短期トレードと言っても、スキャルピングやデイトレードなど、FXには様々なトレードスタイルがあります。

「スキャルピングが勝ちやすい」とか、「初心者はスイングトレードから」といった言葉を鵜呑みにするのはオススメしません。

実は、スキャルピングが勝ちやすい時もあれば、スキャルピングだと負けやすい相場があります。

短期トレードの時間軸を決めたら、「優位性のある相場でトレードスタイルを切り替える」のが理想です。

例えば、日足で明確な上昇トレンドなら、一日の流れは「上がりやすい」と考えられます。
日足レベルの上昇トレンドでは、スキャルピングでも良いですが、デイトレードの方が優位性が高いです。

short-term-trading-1

補足ですが、価格は垂直に上がり続けるのではなく、上下を繰り返します。

したがって、毎回買っては決済を繰り返すより、一日の中で、安い時に買って、一日の中で高い時に売るのが楽。

ようするに、スキャルピング10回で利益を残すより、デイトレード1回でごっそり一日の上げ幅を取る方が効率的です。

少し技術が必要ですが、トレード回数が増える=負けるリスクも増えるとも考えられます。

有名な堀江貴文氏も、とある大学のスピーチで「挑戦する事は失敗するリスクもある」と言っていますが、挑戦(トレード)が多いのは利益と同時に損失のリスクも発生するのです。

優位性のある相場は、ダウ理論を学ぶのが有効なので以下の記事を参考にどうぞ。

【本質】ダウ理論をわかりやすく解説!知らないとFXで一生勝てません。
【本質】ダウ理論をわかりやすく解説!知らないとFXで一生勝てません。

今回は「ダウ理論」について、わかりやすく解説します。 ダウ理論と言えば、全ての金融市場で意識される超重要な相場理論です。 FXも例外ではありません。 「億トレーダーの使う○○手法」「ヘッジファンドの○ ...

続きを見る


①と②をひたすら守る

ここまで「短期トレードの時間軸を決め、優位性のある相場で切り替える」とお伝えしました。

後は、アナタが真剣に考えて作ったルールを、ひたすら守ってください。

ルール通りに行う事で、負けたトレードから反省もしやすくなり、無駄なとトレードが減ります。

【FXで稼ぐ人】マイルールを守り、改善し、継続できる人

【FXで稼げない人】マイルールを破り、改善せず、続かない人

FXには、絶対に勝てる手法はありませんが、FXで稼げる人・稼げない人は上記の様に差別化できます。

マイルールの決定と、守り続ける事ができないとどうなるのでしょうか?
序盤で書いた通り「かなり考えてエントリーしたのに、気が付けば含み益に耐えて大負け」こんな結果です。

マイルールを決めても守れない人は、「トレード日誌」をつけるのも良いかも知れません。
文章に書き残すことで、冷静に俯瞰(ふかん)して失敗を反省できます。

FXトレード日誌の書き方を解説!習慣化して毎日書くコツ。
FXトレード日誌の書き方を解説!習慣化して毎日書くコツ。

FXで継続して稼ぎ続けるには自分でトレードの改善をしていく必要があります。 自分のトレードを改善するのに「FXトレード日誌」がオススメ。 なぜなら、過去トレードを振り返るには記録を取っておく必要がある ...

続きを見る




短期トレードを極めるなら、FX口座も重要

短期トレードのマインドセットとして、「FXで稼げる人」と「FXで稼げない」の特徴を交えて時間軸を決め、マイルールを守るのが重要だと解説しました。

もちろん、FX口座選びも重要です。
国内外を含め、FX業者は山ほどあります。

  • 【信頼性の低いFX業者】金融ライセンスを取得していない
  • 【約定力が低いFX業者】インフラが整っておらず、注文が滑る
  • 【スプレッドが広いFX業者】取引コストが高く、無駄に不利な取引環境

残念ながら、一部のFX業者では悪質な出金拒否や、私達が不利になるようなレートで約定するケースがあります。

明確に短期トレードの時間軸を決め、マイルールを守る意識が持てたなら、長く付き合えるFX業者を選びましょう。


【短期トレードに最適】総合力の高いFX業者3選

総合力の高いFX業者

  • XM Trading(エックスエム)
  • FBS (エフビーエス)
  • Exness(エクスネス)

参考までに「世界的な金融ライセンスを取得しており、約定力・スプレッドを含めた総合力の高いFX業者」を3社ピックアップしました。
いずれも、日本だけでなく各国の金融規制を順守した、大手FX業者です。

レバレッジ重視、信頼性重視などアナタの求める最適なFX口座を活用しましょう。

 

XM Trading(エックスエム)

fx-shortterm-trade-account-1

XMの運営元
Trading Point of Financial Instruments Ltd(2009年設立)
運営元の所在地
12 Richard & Verengaria Street, Araouzos Castle Court, 3rd Floor, 3042 Limassol, Cyprus.
金融ライセンス
IFSC(ベリーズ国際金融サービス委員会)
CySEC(キプロス証券取引委員会)
ASIC(オーストラリア証券投資委員会)
FCA(英国金融行動監視機構)
レバレッジ 取引方式 受賞歴
最大888倍 NDD(STP/ECN) 第三者機関より10個以上認定
取引プラットフォーム ドル円のスプレッド スキャルピング・自動売買
MT4/MT5 平均1.6pips(全口座タイプ変動制) 両方可能

XM(エックスエム)は、日本において「海外FX業者」=「XM」と言えるほど定番です。

XM自体は2010年創業、決して長い歴史のあるFX業者ではありません。

とは言え、豊富なボーナスや、複数の金融ライセンスにより、世界的なFXブローカーへと成長しました。

  • CySEC(キプロス証券取引委員会)
  • ASIC(オーストラリア証券投資委員会)
  • FCA(英国金融行動監視機構)
  • DIFC(ドバイ金融サービス機構)
  • IFSC(ベリーズ国際金融サービス委員会)
  • FSA(セーシェル金融サービス庁)

具体的にXM(エックスエム)は、グループ全体で6つの金融ライセンスから認可を受けています。(2021年現在)

6つの金融ライセンスでは、FCA(英国金融行動監視機構)が含まれており、信頼性はトップクラスです。

FCAは、日本の金融庁も参考にするなど、世界で最も厳しい基準を持つ金融ライセンスと言われています。

XM公式サイトはこちら


FBS (エフビーエス)

fx-shortterm-trade-account-2

FBSの運営元
FBS Markets Inc(2009年設立)
運営元の所在地
2118, Guava Street, Belize Belama Phase 1, Belize
金融ライセンス
IFSC(ベリーズ国際金融サービス委員会)
CySEC(キプロス証券取引委員会)
ASIC(オーストラリア証券投資委員会)
FSB(南アフリカ金融サービス委員会)
レバレッジ 取引方式 受賞歴
最大3000倍 NDD(STP/ECN) 第三者機関より10個以上認定
取引プラットフォーム ドル円のスプレッド スキャルピング・自動売買
MT4/MT5 平均2.2pips(0pips固定あり) 両方可能

FBS(エフビーエス)は、2009年設立の世界的に人気のFX業者です。1500万人以上の顧客を抱え、グループ全体で2つの金融ライセンスを取得しています。

  • CySEC(キプロス証券取引委員会)
  • IFSC(ベリーズ国際金融サービス委員会)

CySEC(キプロス証券取引委員会)は、金融ライセンスの中でもFCA(英国金融行動監視機構)に次ぐ厳しさで有名です。

ただし、規制の変更でCySEC下のFX業者は日本人利用ができなくなりました。
現在は、IFSC(ベリーズ国際金融サービス委員会)の元、私達も利用できる体制を取っています。

注目すべきポイントは「5種類の口座タイプ」と「2万円以下の資金なら最大3000倍のレバレッジ」です。
様々なニーズに答える口座タイプと、少額トレーダーに嬉しい最大3000倍のレバレッジが人気のカラクリ。

ちなみに、FBSは自社アンケートですが、利用者の4割はFXで稼いでいる人とのデータがあります。

つまり、1500万人中600万人が勝ち組。
最初は私も疑いましたが、定期開催のFBSトレードコンテストを見ると、1週間で30倍の利益を上げる強者ぞろいです。

FBS公式サイトはこちら


Exness(エクスネス)

fx-shortterm-trade-account-3

Exnessの運営元
Nymstar Limited(2008年設立)
運営元の所在地
1 Siafi PortoBello、Office 1、3042、Limassol Exness
金融ライセンス
CySEC(キプロス証券取引委員会)
FSA(セーシェル金融サービス庁)
FCA(英国金融行動監視機構)
レバレッジ 取引方式 受賞歴
最大2000倍/無制限レバレッジ NDD(STP/ECN) 顧客満足度に関する受賞歴あり
取引プラットフォーム ドル円のスプレッド スキャルピング・自動売買
MT4/MT5 平均1.1pips(ECNは0.1pips) 両方可能

Exness(エクスネス)は、2008年創業の歴史あるFX業者です。
2020年3月から日本人からの利用者の受付再開。

日本ではXM(エックスエム)の人気が根強いのですが、続々と注目を集めています。

世界的には、かなり知名度が高く、難関のCySECとFCAを含む、4つの金融ライセンスをExnessグループが全体で取得済みです。

また、通常だと最大2000倍のレバレッジですが、条件を満たすと無制限レバレッジが利用できます。
無制限レバレッジは、実質21億倍なものの、規格外の倍率が使えるのExnessのみです。

Exness公式サイトはこちら




【よくある疑問Q&A】デイトレードの時間足、何を基準にする?

短期トレードもとい、スキャルピング・デイトレード・スイングトレードに関する疑問をまとめました。

ピンポイントで悩んでいる方は参考までにご活用ください。

デイトレードの時間足、何を基準にする?

デイトレードの時間足は、概ね1時間~4時間と決めると良いでしょう。理由は、4時間足以上の流れは、ポジションを持ち越す可能性が高いからです。ポジションを持ち越すと、スワップポイントなど、スイングトレードで気にするべき内容まで考える必要があります。例えば、デイトレードのメリットは1日で取引が完結する事なので、持ち越さない時間足で考えるのが有効です。また、デイトレードだとスプレッドもポジション損益に大きく関わります。スプレッドの狭いFX口座を探すだけでも、立ち回りやすいので以下の記事を参考にどうぞ。

【検証】海外FX業者のスプレッド比較!通貨ペア別で調べてみた。

デイトレードで勝てない

デイトレードで勝てない原因は「デイトレードに向いていない相場でやってしまっている」ことです。少し長くなるので、デイトレードに特化した分析術を記事にまとめました。

【デイトレード特化】一日一回だけを狙うFXのテクニカル分析術!

デイトレードとスキャルピングどっちが良い?

あくまで、どちらかで有利な相場の時に使い分けるのが重要です。どちらか選ぶなら、性格で決めてしまうのも良いかも知れません。例えば、長くポジションを持つのが苦手なら、スキャルピングといったカタチです。ただし、スキャルピングだけと決めるなら、スキャルピングが有利な相場だけ取引するのが重要になります。やはり、不利な相場で無理にスキャルピングをするのは避けたいです。

スイングトレードが難しい

スイングトレードが難しい場合は、長期足のトレンドやレンジが上手く整理出来ていない可能性が高いです。スイングトレードが優位性のある相場を見極めるのが重要になります。考え方としては「長期足を狙い、短期足で撃つ」こんな感じです。スイングトレードに特化した記事がありますので、参考までにどうぞ。

【FXのコツ】スイングトレードのやり方を解説!日足を狙い、時間足で判断する




【超解説】短期トレード まとめ

今回は「【超解説】「短期トレード」とは?FXで稼ぐ人と稼げない人のマインドセット」のテーマでした。

この記事をまとめると以下の通りです。

  • 短期トレードの定義は決まっていない
  • スキャルピング・デイトレード・スイングトレードの自己基準を決める
  • マイルールを構築し、ひたすら守り続ける

記事内でお伝えした通り、FXで成功するには○○をマスターするとった絶対的な法則はありません。

ただし、FXで稼いでいる人とFXで稼げていない人の違いから、アナタに足りないものは探せます。

今回の「短期トレード」に対するマインドセットは、FXで稼いでいる人が確実に持っているマイルールを守り続ける意識です。

やはり、短期トレードは短期間で効率よく、お金に働かせて稼ぐのが本質になります。
短期トレードの基準を自分なりに基準を持ち、非効率な取引を減らしていきましょう。

-FXの基礎知識

© 2021 海外FXのハンドブック